2019年08月31日

妊産婦整体講座(基礎編)(大阪)にスタッフが参加

8月29日(木)・30日(金)の2日間にわたり大阪市福島区の日本骨盤ケア助産学会 大阪本院で行われた

妊産婦整体講座(基礎編)
 講師:沢田咲実先生(理学療法士)小林淑子先生(助産師)

に当院助産師が参加してきました。

妊産婦の骨盤を整えることは、健康な赤ちゃんを出産するために必要である、と一部医療関係者は考えています。

歯ならび・かみ合わせの悪い子は、歯がはえる前の要因にも多く左右され、妊婦の状態さえも影響を受けるのではないか、との考える歯科医師が増えています。
歯並び、かみ合わせを長期的に安定させるためには、歯科医院・保護者・子どもの努力が必要になります。なるべく子どもや保護者に負担をかけないためにも、歯並び予防は重要、と当院では考えています。

【参加した助産師の感想】

二日間、妊産婦整体を学んで、カウンセリングの内容や重要性、適応時期など、整体をはじめる際に気をつけることから、妊婦さんに行うことを想定した実技はとても勉強になりました。筋肉の走行や靭帯、骨についてもっとしっかり学ばなければいけないと思いました。


とのことでした。


会場のあるビル
R010829_1_blog.jpg

館内の掲示板
R010829_2_keiji.jpg

会場内
R010829_4.jpg

R010830_2_sliade.jpg

集合写真
R010829_6_kinen_blog.jpg
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修

2019年08月28日

赤ちゃんセミナーベーシックをさくら歯科で開催し院長とスタッフが受講

8月28日(水)は土曜の振替診療予定でしたが、休診とし、

赤ちゃんセミナーベーシック
  講師:上野清香先生(歯科衛生士)

をさくら歯科待合室で行いました。

上野先生は、今最も多忙な歯科衛生士といっても過言ではありません。

上野先生とは本年度某セミナーを一緒に受講しており、その際に当院への出張セミナーを依頼、OKを戴き今回実現しました。

赤ちゃんについての深い知識は、今後赤ちゃん歯科に力を入れていく当院にとって、貴重な情報満載でした。

当日撮った集合写真
shugo_s.jpg

セミナー中の模様
R010828_2.jpg

R010828_3.jpg
遠路はるばる有り難うございました。
posted by 院長 at 18:00 | 院長とスタッフの研修

2019年08月25日

臨床分子栄養医学研究会のセミナー(東京)に院長が参加

8月25日(日)に東京都中央区八重洲のヒューリック京橋ビル7階 ビジョンセンター東京八重洲南口で行われた

臨床分子栄養医学研究会のセミナー
 午前:「分子栄養学的ファスティングの可能性とグループファスティング報告」
  講師:田中裕規氏・山岡玲子氏
 午後:「メチレーションを用いた治療法」
  講師:平良茂先生(ハートフルクリニック)

に参加してきました。

会場のあるビル
R010825_01.jpg

ビルの案内
R010825_02_blog.jpg

午後開始直前の会場内
R010825_03_kaijou.jpg

午前の講師
R010825_04_fasting.jpg

午後の講師平良先生と主催の宮澤先生
dr_miyazawa&taira.jpg

posted by 院長 at 20:12 | 院長の研修

SRPテクニカルミドル2日間コース・名古屋にスタッフが参加

8月24日(土)・25日(日)に名古屋市中村区名駅のウィンクあいち1108 で行われた

MINTセミナー SRPテクニカルミドル2日間コース・名古屋
 講師:長谷ますみ先生(フリーランス歯科衛生士)

に歯科衛生士1名が参加してきました。

第1日目 『小さなカーブに沿ったSRPをマスターしよう』
 グレーシーミニキュレットの使い方と実習
 ユニバーサルキュレットの使い方と実習
 前歯部へのミニマッコール・コロンビア型キュレットの実習

第2日目 『顎模型を使ったファントム実習』
 臼歯部へのアプローチ応用編
 臼歯部へのコロンビア型・ミニマッコールキュレットの実習

などが行われました。

模型を使った連取に励み、必ずや歯石除去の確実性を上げてくれるでしょう。

会場外観
R010824&25_mint_01.jpg

R010824&25_mint_02.jpg

ビル1階にある案内電光掲示(初日)
R010824&25_mint_03.jpg

テキストなど
R010824&25_mint_04_text.jpg

2日目の案内電光掲示
R010824&25_mint_11.jpg

講師の長谷先生と記念撮影
R010824&25_mint_12_Y&N.jpg

2日間、お子様を預けての参加、ご苦労様でした。
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修

2019年08月04日

子ども脳科学セミナーin金沢(石川)にスタッフが参加

8月3日(土)・4日(日)に石川県金沢市吉原町の金沢こども医療福祉センター石川整肢学園で行われた

子ども脳科学セミナー in 金沢
  講師:中鶴真人 先生(作業療法士 / 日本コアコンディショニング協会マスタートレーナー)

にスタッフ1名が参加してきました。

脳科学に基づいて、子どもの運動・行動に変化を起こせるようにするための、実習付きセミナー。
現代の子どもたちは、身体能力が年々退化していることが問題視されています。
特に、体幹が弱い子が増えており、それがお口の機能にも悪影響を与え、そのことが歯ならびやかみ合わせを悪化させる要因になっていることから、歯科医院で体幹トレーニングを取り入れる医院が、数は少ないですが存在します。

当院でも、この問題に取り組むため、暑い中金沢までスタッフを派遣しました。

内容は、子どもの行動変容とそのコツや、子どもの体幹トレーニングなどについて。

実習を交えての二日間、楽しく勉強できたようです。

会場外観
10325557838077.jpg

会場入り口付近
S__82780165.jpg

S__82780164.jpg

開講前の会場内
S__82780166.jpg

講義中(主催者撮影)
主催者撮影.jpg

実習中の様子(主催者撮影)
jishhu.jpg

posted by 院長 at 16:00 | スタッフの研修

2019年08月01日

Dr.Hisao Murakami 1DAY MasterCourse(東京)に院長が参加

8月1日(木)は診療をお休みし、東京都千代田区神田のエッサム本社ビル3階 グリーンホールで行われた

Dr.Hisao Murakami 1DAY Master Course
  講師:村上 久夫 先生(村上矯正歯科)

に参加してきました。
矯正治療の講演会でした。

会場のあるエッサム本社
R010801_1.jpg

1階フロアにある電光掲示
R010801_2.jpg

お昼休みの会場内
R010801_4.jpg
posted by 院長 at 22:24 | 院長の研修

2019年07月28日

アナトミートレイン 連続講座 第4回(東京)に院長が参加

7月28日(日)に東京都中央区日本橋の東京八重洲ホール2階 201で行われた

アナトミートレイン 連続講座 第4回
  講師:山本 篤 先生(理学療法士)

に院長が参加してきました。

今回の内容は、The Spiral Line と The Arm Line 。

筋肉の連動性は、複雑ではありますが、極めて興味深く、今回も実習を通じて筋肉の走行と働きについて学びました。

会場の東京八重洲ホール。個々には今まで何十回も来ています。
R010728_1.jpg

入り口近くの電光掲示。以前はパネルの掲示でしたが、しばらく来ないうちに電光板に変わっていました。
R010728_2.jpg

お昼休み中の会場内。
R010728_3.jpg

posted by 院長 at 16:00 | 院長の研修

SRPテクニカルベーシック2日間コース(名古屋)にスタッフが参加

7月27日(土)・28日(日)

名古屋市熱田区の名古屋国際会議場 会議室221で行われた

NDLミントセミナー
 SRPテクニカルベーシック2日間コース・名古屋

 講師:長谷ますみ先生(歯科衛生士)

にスタッフ1名が参加してきました。
本セミナーはベーシック・ミドル・アドバンスの3ステップがあり、過去に当院のスタッフ(産休中)も参加履歴があります。
今回は、入門編のベーシック。
基礎があってこその応用、みっちり基礎を教え込まれたそうです。

習っても自主練しなければ、技術の向上は望めません。
本人も『練習が必要です!』と言っていました。

会場の名古屋国際会議場入り口付近
r010717_mint_1.jpg

会議場内の電光掲示(初日)
r010717_mint_2.jpg

会議場敷地内
r010717_mint_3.jpg

会議場内の電光掲示(2日目)
r010717_mint_4.jpg

会場内の展示物
r010717_mint_5.jpg

講師の長谷先生と記念撮影
r010717_mint_nagatani_yamada.jpg

暑い中お疲れ様でした。
posted by 院長 at 16:00 | スタッフの研修

2019年07月27日

ビタミンA 基礎セミナー(東京)にスタッフが参加

7月27日(土)に東京都渋谷区恵比寿のKBKビル3階 SpAce GorillA で行われた

ビタミンA 基礎セミナー in 東京
 講師:吉冨 信長 先生

にスタッフ1名が参加してきました。

ビタミンAは世界でも欠乏しやすい三大栄養素の一つ。
今回はビタミンAの基礎からその使い方までを勉強してきました。
講師は昨年当院にお越し戴いた吉冨先生。
今回も、文献を基にした興味深い講義でした。

会場入り口の張り紙
R010727_va1.jpg

講義中の会場内
R010727_va2.jpg

講義中の吉冨先生
R010727_va3.jpg
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修

2019年07月25日

離乳食院内セミナー(2日目)に院長とスタッフが参加

7/25(木)は、21日(日)に続き 管理栄養士、田中美智子先生をさくら歯科に再びお招きして、離乳食講座を行いました。

今回の内容は
・子どもの食物アレルギーの基礎知識
・乳幼児の発育発達について
・地域の食育連携について

参加したのは前回と同じスタッフと、特別ゲストとして香港在住の岡田先生。
岡田先生には、田中先生の講義受講とともに、ご自身の子育てに於いて疑問に感じられたことなど、前回より活発に発言して戴きました。

田中先生の幅広いご経験に基づく講義は大変わかりやすく、当院スタッフ(管理栄養士・助産師・歯科衛生士各1名)にとっても良い学びとなりました。

当院では、今後離乳食指導を始めとする乳幼児指導に力を入れていく予定です。

講義中の模様。前回とは別の部屋で行いました。
R010725_1.jpg
posted by 院長 at 18:23 | 院長とスタッフの研修

2019年07月21日

離乳食院内セミナーにスタッフと院長が参加

7月21日(日)に当院に外部講師を招聘し、離乳食に関する院内セミナーを行いました。

講師は管理栄養士 田中美智子先生。

田中先生は、給食関係のお仕事から保健所関係、さらには歯科医院での栄養指導にも従事された経験を持つ、歯科で一番有名な管理栄養士さん。

当院の参加者は、管理栄養士・助産師・歯科衛生士各1名と院長。

また、今回特別に聴講生兼コメンテーターとして、愛知の村田先生と、香港在住の岡田先生もご招待。
お二人にはご自身の経験に基づくお話しも、少ししていただきました。

講義内容は、離乳食指導の詳細と、どのように親にアプローチすれば良いか、などについて、きめ細かく御指導戴きました。

田中先生には、数日後に再度お越し戴き、続きのお話をしていただく予定です。

当日撮影した集合写真
shugo.jpg

講義中の模様
r010721_1.jpg

お昼休みにも離乳食談義
r010721_2.jpg

終了後、近くのとんかつ屋さんで懇親会を行い、そこでも歯科界における管理栄養士の待遇などについて、、話が弾みました。
r010721_konshin.jpg
posted by 院長 at 17:15 | 院長とスタッフの研修

2019年07月20日

赤ちゃん整体講座(名古屋)にスタッフが参加

7月20日(土)に名古屋市名東区 癒し空間Sophia で行われた

赤ちゃん整体講座
  講師:下川 りん 先生

にスタッフ1名が参加してきました。

ベビーマッサージは、優しく摩るという感じですが、赤ちゃん整体は、筋肉や臓器のことを考えて施術します。
それに加えて、ヒーリングも取り入れており、中国でいう【気】を送るので、そのためには迎え入れるための環境を整える事も必要だそうです。。
さらに、施術を受ける人の体調に応じて、圧をかえたり、リフレクソロジーの要素も取り入れているとのこと、良い勉強になったそうです。

会場のある建物
S__8110097.jpg

会場内
S__8110098.jpg

実習中
S__8110098.jpg

S__8110102.jpg

講師の先生と記念撮影
S__8110101.jpg
posted by 院長 at 19:00 | スタッフの研修

日独小児靴学研究会プライマリー基礎2(東京)に院長が参加

7/19(金)・20日(土)に東京茅場町・貸し会議室ナチュラック 4階大会議室で行われた

日独小児靴学研究会 プライマリー基礎2

院長が参加してきました。
5月に名古屋で行われた基礎1に続く、基礎2。
今回は東京開催。

足の病気や小児靴の年代別選択のポイントについて、前回より踏み込んだ内容でした。
2日目にはボランティアの子どもたちの協力により、足の見方や靴を実際に選ぶ実習も行われました。

日本人は靴に無頓着な人がほとんどで、その結果足を痛めた人が異常に多いのが特徴。
日本人は足趾に問題を抱えた人が多く、重症例も結構多いそうですが、靴の本場ドイツでは、幼少期より予防的な対応と確りとした靴選びにより、重症例は希だそうです。

たかが足指、と思うなかれ。
膝・腰・股関節の病気は、足指の問題が原因で起こっていることが、少なくありません。
更に、姿勢に影響を与えることから、かみ合わせにも影響を与えることが知られています。

当院では、将来病気にならない体作りの一環として、靴選びのポイントなどについても指導しています。

会場のあるビル
R010719_01.jpg

ビル入り口にあるセミナー案内
R010719_02.jpg

休憩中の会場の入り口から
R010719_03.jpg

posted by 院長 at 18:00 | 院長の研修

2019年07月14日

乳幼児の「食」と「口腔機能」を考える勉強会(名古屋)にスタッフが参加

7月14日(日)に名古屋市中村区名駅の安保ホール101号室で行われた

乳幼児の「食」と「口腔機能」を考える勉強会 in 名古屋
【スタディテーマ〜噛む子を育むステップアップ離乳食〜】


にスタッフ1名が参加してきました。

四日市さくら歯科では、14日から25日にかけて、離乳食情報強化週間。
今回はその前段。ひたすらメモをとり、後日別スタッフがまとめを作成する予定です。

会場の安保ホール
28386.jpg

28388.jpg

当日の会場内
28387.jpg

主催者と一緒に記念撮影
28385.jpg
posted by 院長 at 18:00 | スタッフの研修

日本口臭学会10周年記念学術大会(東京)に院長とスタッフが参加

7月13日(土)・14日(日)に東京都千代田区富士見にある日本歯科大学生命歯学部 本館8階富士見ホールで行われた

日本口臭学会10周年記念学術大会
 テーマ 口臭治療の軌跡と展望


に院長と同学会認定歯科衛生士が参加してきました。
(日本口臭学会認定歯科衛生士は全国14名しかおらず、彼女もその1人です。)

聴講した演題は、下記の通り。

初日 ******

★一般口演

1 Helicobacter pylori 除菌治療に伴う口臭と口腔内環境の変化についての研究
 演者:谷口奈央 先生(福岡歯科大学 口腔保健学講座 口腔健康科学分野)

2 ハイドロゲルを用いた人工口臭発生モデルの作製
 演者:松本卓也 先生(岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科)

3 金属含有製剤の持続的な口臭抑制効果
 演者:松田一成 氏(第一三共ヘルスケア株式会社 研究開発部)

4 臭気が認められなかった口臭症患者の性格特性について
 演者:杉山利子 先生(東京歯科大学 千葉歯科医療センター 総合診療科)

5 口臭症患者にみられた治療後の気分変化
 演者:樋口均也 先生(医療法人慶生会 ひぐち歯科クリニック)

6 ムチン分解による揮発性硫黄化合物産生に対するシアリダーゼの影響
 演者:岩村侑樹 先生(愛知学院大学歯学部歯周病学講座)

7 一過性の肝機能障害は口臭中のジメチルサルファイドに影響する
 演者:御子柴茂太 先生( 愛知学院大学歯学部附属病院 口臭治療科)

8 歯周病安定期治療中の患者における二酸化塩素溶液洗口の効果―ランダム化比較試験―
 演者:佐保 輝 先生(岡山大学大学院 医歯薬総合研究科予防歯科学分野)

9 乳酸菌プロバイオティクスによる口臭予防の可能性について
 演者:平野真澄 先生(日本歯科大学新潟短期大学専攻科歯科衛生学専攻)

10 『薬用ピュオーラ 泡で出てくるハミガキ』(花王社製)の口臭抑制作用について
 演者:中城基雄 先生(中城歯科医院)

11 歯科口腔領域の疾患による病的(器質的・身体的)口臭-歯根の問題で口臭が生じた3例
 演者:瀬野恵衣 先生(福岡歯科大学総合歯科学講座 総合歯科学分野)

12 器具の違いによる舌清掃圧の検討ー in vivo による測定の試みー
 演者:煤賀美緒 先生(日本歯科大学新潟短期大学歯科衛生学科)

13 在宅自立高齢者口臭発現要因に関する検討
 演者:松尾忠行亜 先生(福岡医療短期大学 歯科衛生学科)

14 症例報告を通じる生理的口臭症管理の予後評価方法の提案
 演者:金 英秀 先生(高麗大学校医療院 九老病院予防歯科 口臭 Clinic)


★特別講演

●「症状に執着する患者にどう対応すればよいか」
 演者:岡田 智雄 先生(日本歯科大学附属病院総合診療科教授・日本歯科心身医学会理事長)


2日目 ******

★一般口演

15 歯科大学病院、大学病院における口臭外来の実態調査 1. 調査の概要について
 演者:大森みさき 先生(日本歯科大学新潟病院総合診療科)

16 歯科大学、大学病院における口臭外来の実態調査 2.検査の内容について
 演者:佐藤英和 先生(ひでかず歯科口腔外科クリニック)

17 歯科大学病院、大学病院における口臭外来の実態調査 3.心理的口臭症への対応について
 演者:八島章博 先生(鶴見大学歯学部 歯周病学講座)

★シンポジウム 「温故知新」

●口臭研究・治療の歴史
 演者:角田正健 先生(東京歯科大学千葉歯科医療センター総合診療科臨床教授)

●「口鼻臭臨床研究会設立から日本口臭学会 10 年の歩み」
 演者:本田俊一 先生(医療法人ほんだ歯科院長)

●口臭部類の変遷と日本口臭学会ガイドライン策定
 演者:森田 学 先生(岡山大学大学院医歯薬総合研究科 予防歯科学分野教授)

●口臭学会の将来へ向けた展望
 演者:福田光男 先生(愛知学院大学歯学部 特殊診療科教授)


★教育講演

●「クライエントの成長を実現する『医療面接』の達人となる」
 演者:中村千賀子 先生(NPO 法人 健康と病いの語り DIPEx-japan)

会場のある日本歯科大学
R010713_01.jpg

R010713_02.jpg

学術大会看板の前で記念撮影
R010713_yumi_2b.jpg

開演前の会場内
R010713_03_kaijo.jpg
posted by 院長 at 16:00 | 院長とスタッフの研修

2019年07月11日

プラスケア スタイルセミナー(名古屋)に院長が参加

7月11日(木)に名古屋市中村区則武のTKPガーデンシティPREMIUM名駅西口 3 カペラで行われた

プラスケア スタイルセミナー
 血糖値をよく見よう

に、院長が診療終了後名古屋に直行して参加してきました。

本セミナーは、名古屋会場で行われましたが、浜松・金沢・大阪・岡山・広島で同時中継。
座長は岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学講座教授 矢部 大介 先生。

内容は、
     
話題提供
 SMBG・FGMデータを用いての療養指導 〜血糖値から分かる患者の生活〜
  演者:山口 三恵子 先生(豊橋市民病院 看護局主任 糖尿病看護認定看護師)
基調講演
 糖尿病診療における心理的アプローチの重要性
  演者:尾ア 信暁 先生 先生(名古屋第一赤十字病院 内分泌内科部長)
特別講演
 糖尿病診療に携わる医療従事者に知ってほしい歯周病の話題
  演者:西村 英紀 先生 先生(九州大学大学院 歯学研究院 口腔機能修復学講座 歯周病学分野教授)

最初の2演題は、糖尿病治療最前線でご活躍されているお二人。
ご存じの通り、糖尿病は代表的な生活習慣病で、原因となる生活習慣を改善しなければ、薬を服用していてもどんどん悪化し、様々な合併症に苦しむことになります。
にもかかわらず、生活習慣を変えようとしない患者さんが多く、医療の現場では苦悩の連続のようです。

今回の話を聞いて、やはり幼少期からの健康教育が極めて重要であることを、再認識しました。

会場のあるビル
R010711_1.jpg

ビル一階の案内掲示
R010711_2.jpg

開講直前の会場内
R010711_3.jpg


posted by 院長 at 21:23 | 院長の研修

2019年07月10日

骨盤基礎解剖学講座(大阪)にスタッフが参加

7月10日(水)に大阪市福島区福島の新梅田研修センターで行われた

日本骨盤ケア助産学会
骨盤基礎解剖学講座
  講師:沢田 咲実 先生(理学療法士)

にスタッフ1名が参加してきました。

会場外観
R010710_1.jpg

セミナーの案内掲示
R010710_2.jpg
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修

2019年07月08日

足と靴のプロセミナー(東京)

東京都台東区駒形のフスウントシューインスティテュートで行われた

足と靴のプロセミナー

に参加してきました。

このセミナーは、フットケアと靴に関するセミナー。
講義内容は、初日が足の解剖と生理、病気、X線の見方、接客について、
2日目が下肢・足部の生体力学と歩行、フットケア、靴学について。
実習を交えながら、御指導いただきました。
接客に関しては当院とは関係のない話ではありましたが、百貨店の裏事情を色々聞くことができました。

当院では小児の足をほぼ全員観察していますが、足に問題の無い子は全くと言っていいほどいません。
足を崩す原因には色々ありますが、最も問題なのは「靴」選び。

日本は元々靴文化ではないので、「履きやすくて安価な靴」を選ぶ傾向にあります。
一方ドイツなどでは、小さい頃から靴選びを非常に重要視しており、その結果足の問題が日本より少ないことが、ドイツの靴マイスターにより指摘されています。

靴については日本人に正しい知識を持つ人が殆どおらず、最初に指導を受けた人の影響を一生引きずることになる、と 小児靴の専門家は警鐘を鳴らしています。

当院では、正しい靴の知識を皆様に知って戴くため、以前より複数の方より足・靴の指導を受けておりますが、その知識をより確かなものにするため、今回の2日間セミナーに参加しました。
今回学んだことは、今後の指導に役立てていきます。

会場のあるビル
R010707_2_fb.jpg

セミナー案内の掲示
R010707_3.jpg

休憩中の会場内
R010707_4.jpg

開講前の準備中
R010707_5.jpg
posted by 院長 at 18:49 | 院長の研修

2019年06月30日

快適な臨床を行うための拡大診療の魅力(名古屋)に院長が参加

6月30日(日)に名古屋駅前のウィンクあいち1101号室で行われた

快適な臨床を行うための拡大診療の魅力
 〜歯科用顕微鏡マイクロスコープの臨床活用術〜

  講師:南 昌宏 先生(大阪市 南歯科医院)

に参加してきました。
マイクロスコープ、と呼ばれる治療時に使用する大型顕微鏡の有効利用法についてのセミナーでした。

ウインクあいち11階の電光掲示
r010630_1.jpg

会場入り口付近(開講40分前)
r010630_2.jpg

お昼休み中の会場内
r010630_3.jpg

PC準備中の南先生
r010630_4.jpg
posted by 院長 at 16:00 | 院長の研修

2019年06月23日

The Nutrigenomics Super Live in Tokyo Bay(千葉)にスタッフが参加

6月22日(土)・23日(日)に千葉県浦安市舞浜のシェラトングランデトーキョーベイホテルで行われた

The Nutrigenomics Super Live in Tokyo Bay
 講師:鈴木 淳 先生(じゅんデンタルクリニック 院長)
    九原 拓郎 先生(おはな整骨院 院長)
    吉冨 信長 先生((株)コミディア代表取締役)
    入江 まり 先生
    松本 明子 先生(アメリカ在住医師 機能性医学をもとに栄養・生活指導)

にスタッフ1名が参加してきました。

ヒトの栄養について詳しく指導する立場として、避けて通れないのが「メチレーション」。
メチレーションに関わる複雑な代謝経路を理解してこそ、各個人にあった真の栄養指導が可能になります。
難解な内容ではありますが、一生懸命メモを取って理解に努めたそうです。

初日よるには懇親会にも参加。
懇親会も実質的にお勉強。

ホテルに帰ったときには結構疲れていたそうですが、もともと理系の頭脳を持つ参加したスタッフにとって、メチレーションは「まるでパズルのよう」だったそうで、ホテルに戻ってから図を書き直しながら復習をしたそうです。

講演の中で、「学んだことはすぐに誰かに教えなければ、覚えられない」と言っていたそうで、それを忠実に実践するため、週明けの月曜に院長に学んだことを教えていました。
会場は、ディズニーランドと目と鼻の先のディズニーの公式ホテル。
宿泊先も別のホテルではありますが、すぐ近く。
でも、ディズニーには行かず、お勉強オンリーでした。

いつも東京に出かけるときより早い、朝7時前ののぞみに乗り、帰宅は翌日20時30分過ぎ。2日間お疲れ様でした

会場のホテル
sheraton_hotel_s.jpg

入り口付近
entrans.jpg

annai.jpg

開講前の会場内。まだほとんど人がいませんでした。
kaijou.jpg

メイン講師の鈴木先生。歯医者ですが、栄養に関する知識は半端じゃありません。
suzukisennsi.jpg

第二講師の吉冨先生。先生には、昨年6月に当院にお越し戴き、スタッフ向けセミナーを行っていただきました。
yoshitomisensei.jpg

別の演者の講義中
kougi.jpg

初日終了後にホテルに戻って復習。偉い!!
metyration_fig_s.jpg

初日の吉冨先生講義
yoshitomisensei-2.jpg



posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修