2020年06月04日

歯科医院全体で学ぶ 最新のカリオロジー&ペリオドントロジー(オンライン)に院長が参加

6月4日(木)にオンラインで行われた

歯科医院全体で学ぶ 最新のカリオロジー&ペリオドントロジー 〜5つの視点〜
 講師:伊藤 中 先生(伊藤歯科クリニック 院長)

を院長が聴講しました。
posted by 院長 at 19:00 | 院長の研修

2020年05月24日

二人の医師が伝えるココロとカラダのトリセツ(オンライン)に院長が参加

5月24日(日)にオンラインで行われたセミナー

二人の医師が伝えるココロとカラダのトリセツ
対症療法から原因療法へ!医学書では学べない不定愁訴のトリセツ
 なぜ、日記を書くだけで高血圧が正常化するのか!?

  講師:最上悠先生(精神科医・医学博士) 
人垂らしのパフォーマンス術
 〜また会いたい人になるためのトリセツ
  講師:今井一彰先生(内科医)

を院長が聴講しました。
posted by 院長 at 10:00 | 院長の研修

2020年05月23日

実践者・舩越真衣さんによる体験談(オンライン)に院長が参加

5月23日(土)に行われたオンラインセミナー

実践者・舩越真衣さんによる体験談&ディスカッション!

を院長が聴講。

日本ではまだ実践実績の浅い、赤ちゃん主導の離乳食 BLW(Baby-Led Weaning)。
今回は自身のお子さまにBLWを実践する中で、良かった点や困った点について具体的に聴けたのが収穫でした。
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

2020年05月16日

BLWだけではない離乳講座&医院実践例(オンライン)に院長が参加

5月16日(土)に行われたオンラインセミナー

歯科医師の山田翔によるBLWだけではない離乳講座&医院実践例、オンライン実践例!

を院長が聴講しました。
posted by 院長 at 19:00 | 院長の研修

2020年05月09日

小児科医の江田先生によるBLWオンライン基礎講座に院長が参加

5月9日(土)にオンラインで行われた

小児科医の江田先生によるBLWオンライン基礎講座&ディスカッション!
 講師:江田明日香先生(かるがも藤沢クリニック(小児科) 院長)

を院長が聴講しました。
BLWとは、Baby-Led Weaning の略。
わかりやすく言えば、「赤ちゃん主導の離乳食」の考え方。
早期から固形物を食べさせるのが特徴ではありますが、それが本質ではなく、あくまで赤ちゃんの意思を尊重した離乳食の与え方です。

現在日本で行われ、推奨されている離乳食とは考え方が全く異なるので、戸惑う母親も多いようです。
導入にはそれなりの覚悟が必要ですが、赤ちゃんが自分の意志で生き生きと食を経験していく姿は、従来の離乳食では見られない特徴です。

ただ、欠点もあり、特徴をよく理解し、対策法を学んだ上で行う必要があります。

近年離乳食指導を手掛ける歯科医院が増えてきました。
今回は歯科医ではなく小児科医の視点からみたBLWについて、わかりやすくご指導戴きました。
当院では、従来の離乳食の与え方と共に、一選択枝としてBLWも紹介していきます。
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

2020年04月30日

今こそ、歯科医院の感染対策を見直そう!(オンライン)に院長が参加

4月30日(木)に行われたオンラインセミナー

今こそ、歯科医院の感染対策を見直そう!
 講師:中村 健太郎先生(歯科医師:修練会主催)

を院長が聴講しました。
マニアックさでは右に出る者がいない、中村健太郎先生。
その中村先生が、コロナ対策の一貫としての院内感染対策について、ヨーロッパの例を挙げながら解説されました。
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

2020年04月23日

『ケースで学び、未来につなぐ Withコロナ』 Light Heart Night 第2回(オンライン)を院長が受講

4月23日(木)に

オンラインセミナー
『ケースで学び、未来につなぐ Withコロナ』 Light Heart Night 第2回

を院長が聴講しました。

新型コロナウイルス感染症拡大により、3月中旬から予定されていたセミナー・学会がほぼ中止またはオンラインに変更。
特に5月は遠方で開催される学会が重なりあちこち飛び回る予定でしたが、4月下旬から自宅または医院でオンラインセミナーを受講できるようになり、移動の手間が省けると同時に出費も節約出来ます。
新型コロナ対策でかなりの出費を余儀なくされており、コストの面で助かります。
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

2020年03月22日

目覚めよ舌骨 真実を知る 大阪が揺らぐ2日間(大阪)に院長が参加

3月22日(日)には大阪市中央区のハートンホテル 心斎橋(別館)2階で行われた、

「目覚めよ舌骨 真実を知る 大阪が揺らぐ2日間」
 講師:丸茂義二先生(日本歯科大学名誉教授)

に院長が参加してきました。
会場のハートンホテル心斎橋(別館)
R020322_1.jpg

1階の案内掲示
R020322_2.jpg

2階の講演案内掲示
R020322_3.jpg

新型コロナ感染症蔓延の危険性が指摘される中、会場内の消毒や入室前の手洗い、アルコール手指消毒、うがい、マスク着用、上着を脱いでビニール袋に入れての入室、窓は開放など、厳重な対応の上 本講演会は強行されました。

往路の近鉄特急は、直前に最も空いている車両をネットで購入、結果的に大阪まで車両に乗っていたのは私1人のみ。結果として感染リスクは限りなくゼロに近い状態。
R020322_0.jpg

心斎橋へは通常地下鉄御堂筋線に乗って向かいますが、地下鉄に乗りたくなかったので難波から歩いて心斎橋へ。
道に迷い結構歩き回りましたが、最近出歩く機会が少なかったのでいい運動になりました。

こんなご時世にもかかわらず、子どもたちの歯ならびかみ合わせに真摯に向かい合っている、マニアックな歯科医師が集結。
因みに講師の丸茂先生は、高齢にもかかわらず東京から自身でお車を運転して、大阪へお越しになったとのこと。

今回は主に頸椎と舌骨関連が話題を中心。
丸茂先生は、大学に勤務していた際、膨大なレントゲン写真を自ら解析されたり、多くの論文を読まれた上での独自の理論を展開。
良い勉強になりました。
下写真は開講直前の会場内。安全のため直前に大きめの会場に変更されました。
R020322_4.jpg
元々3月は5日研修の予定、4月も6日間の研修予定でしたが、本講演以外はすべて中止・延期。
5月以降も学会が重なって大変だったはずが、ほぼ全て中止またはWeb開催に変更。
ただ、次の投稿で説明しますが、浮いた時間を新型コロナウイルス感染症対策に使っているので、休んではおられません!

帰りはちょうど近鉄新型特急「火の鳥」に間に合う時間でしたが、混んでいるのでそれには乗らず、写真だけ撮りました。
hinotori1.jpg

hinotori2.jpg

2020年02月23日

フットコーディネーションセミナー 応用編・上級編(福岡)に院長とスタッフが参加

2月23日(日)に福岡市博多区の八重洲博多ビルで行われた

フットコーディネーションセミナー 応用編・上級編
 講師:石田 力 先生・今井 一彰 先生(みらいクリニック)

に参加してきました。

それに先立ち、前日17時から福岡県福岡市のみらいクリニックさんで行われた、靴を解剖する会に参加。
私も靴を持ち込み、他の参加者と一緒に靴を切断。

安い靴は安いなり、ということは以前から知っていますが、やはり高価な靴は素材・構造がしっかりしており、大切な足を守ることができることをはっきりと自分の目で認識出来たのは収穫。

翌日のセミナーは午前の応用編は2名で、上級編は院長のみが受講。
2人とも今回のセミナーと同様のセミナーを2017年6月に受講済みで、今回は再受講。

応用編では、通称「ゆびのば体操」に関する最新情報や、靴の選択における簡単なポイントの説明など。

上級編は姿勢や歩行の分析について。上級は以前受講したときと比べて内容が大きく変わり、勉強になりました。

会場のあるビル
R020223_1.jpg

1階の電光掲示
R020223_2.jpg

実演中の講師、石田先生
R020223_4.jpg

前日の靴解剖の一コマ
R020222_kaitai1.jpg
posted by 院長 at 16:37 | 院長とスタッフの研修

2020年02月16日

日本病巣疾患研究会早春セミナー(東京)に院長が参加

2月16日(日)に東京都中央区日本橋の東京八重洲ホール地下2階 ホールにて行われた

日本病巣疾患研究会 2020早春セミナー
 脳科学で支える子どもの不登校・ゲーム障害・肥満症
  ―ポリヴェーガル(多重迷走神経)理論のその先へー

  演者:永野千代子先生(堀田修クリニック 小児科・在宅診療部主任部長)
 炎症性疾患における炎症アンプとゲートウェイ反射の役割
  演者:村上正晃先生(北海道大学遺伝子病制御研究所分子神経免疫学分野教授)

に院長が参加してきました。
永野先生のは、いつも理知的でしかしわかりやすく、最新の情報を多数の文献を根拠にお話しされます。
今回の演題も、子どもたちに関わる方には是非知っていただきたい内容でした。

会場のあるビル。あいにくの雨模様。
R020216_1.jpg

1階の電光掲示
R020216_2.jpg

休憩中の会場内
R020216_3.jpg

講演終了直後の村上先生
R020216_DrMurakami.jpg

締めの挨拶は司会の今井一彰先生
R020216_DrImai.jpg

posted by 院長 at 16:19 | 院長の研修

2020年02月15日

訪問歯科スタートアップセミナー(東京)に院長が参加

2/15(土)は小児靴のセミナー終了直後両国から品川に急いで移動し、東京都港区港南の品川インターシティホール&貸会議室会議室4で行われた

訪問歯科スタートアップセミナー
 講師:黒飛 一志 先生・大城 正和 氏

に参加してきました。
何れ行うであろう訪問診療の予備知識取得のための参加でした。

会場のあるビル
R010215_0.jpg

会場入り口
R010215_1.jpg

休憩中の会場内
R010215_2.jpg
posted by 院長 at 20:00 | 院長の研修

日独小児靴学研究会プライマリー 基礎4(東京)に院長が参加

2月14日(金)・15日(土)に東京都墨田区横網の両国国際ファッションセンター KFC Rooms で行われた

日独小児靴学研究会プライマリー 基礎4

に院長が参加してきました。

基礎1と基礎3が名古屋で、基礎2と基礎4が東京で、各2日ずつ計8日にわたり行われた講座も、今回で修了。
良い勉強になりました。

会場のある国際ファッションセンター
jagss01.jpg

1階の電光掲示
jagss02.jpg

11階の掲示版
jagss03.jpg

開講前会場入り口外から
jagss04.jpg

講師の先生方との記念撮影
1年間ありがとうございました。
jagss_koushi.jpg

初日終了後会場フロアから間近に見えたスカイツリー
jagss_skytree.jpg
posted by 院長 at 16:40 | 院長の研修

2020年02月13日

診療が楽になる スタッフが笑顔になる医療面接技法(東京)に院長とスタッフが参加

2月13日(木)19時から東京都台東区上の株式会社ヨシダ東京本社で行われた

診療が楽になる スタッフが笑顔になる医療面接技法
  講師:今井 一彰 先生( 内科医:みらいクリニック(福岡))

に院長とスタッフ1名が参加してきました。

本セミナーは九州で行われましたが、3カ所でサテライト中継したものはなんと無料!
ヨシダさん太っ腹!

会場のあるビル
R020213_1.jpg

1階の電光掲示
R020213_2.jpg

開講前の会場内。一番乗りでした。
R020213_3.jpg

開講直前の中継画像
R020213_4.jpg

開講前に上野公園を歩いていたら、ジュウガツサクラが開花しているのを発見。
本来10月と4月に咲く桜だそうで、異常気象の影響がこんなところにも!
sakura.jpg
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

2020年02月11日

'Take Off' Into Orofacial Myofunctional Therapy(名古屋)にスタッフが参加

2月9日(日)〜11日(火)の3日間にわたり愛知県名古屋市中村区のTKPガーデンシティPREMIUM 名駅西口で行われた

NPD公開セミナー
'Take Off' Into Orofacial Myofunctional Therapy in Japan

にスタッフ1名が参加してきました。
本セミナーは1週前に院長も参加したmYofocUsのセミナー関連のセミナーで、その時の講師 Dr.Dan Hanson と Dr.Donny Mandrawa が今回もメイン講師。それに銜えてアメリカ在住の顎顔面の筋機能訓練を歯科衛生士 Sarah Hornsby さんも講師として登壇されました。
Sarahさんはオンラインで筋機能訓練指導を行っているそうです。
講義内容は、機能的矯正システム、mYofocUs で行う訓練の診断とそれに即した訓練についてのもの。
かなり複雑なシステムで、講義資料も膨大(しもすべて英語!)

大変ではありますが、当院でも近々導入の予定。
幼少の子どもたちを救う選択肢がまたひとつ増えました。

会場のあるビル
R020209-11_1.jpg

R020209-11_2.jpg

1階の掲示
R020209-11_3.jpg

主催者撮影の集合写真
shugoshasin_S.jpg

最後に修了証を授与されたときの講師との記念写真
kinen.jpg

3日間お疲れさま!

posted by 院長 at 17:08 | スタッフの研修

2020年02月09日

足育キホンのキ(東京)に院長とスタッフが参加

2月9日(日)に東京都台東区のTKP上野駅前ビジネスカンファレンスセンターで行われた

馬場悠男先生、上野清香先生「足育キホンのキ」

に院長とスタッフ3名が参加してきました。

上野 清香 先生(上野歯科(東京)副院長)当院ブログでも度々登場する、歯科界で有名な方。
馬場悠男先生は人類学者であり国立科学博物館名誉研究員で、元国立科学博物館主任研究官、人類研究部長、東京大学大学院理学研究科生物科学専攻教授を歴任された著名な方。

この講演会は、上野先生が某研究会懇親会で直接馬場先生にお願いし、実現したもの。

上野先生の講義は何度も拝聴しておりますが、馬場先生の話を聞くのは今回が初めて。

タイトルから想像するに、本来は足の進化について馬場先生お話し戴くことが本来の目的だったのではないかと推察しますが、実際はほとんどが動物全般の進化について。
足とは関係ない話ではありましたが、人間が直立二足歩行に至るまでの過程や、「馬の顔はなぜ長いのか?」「キリンの首はなぜ長いのか?」「象の鼻はなぜ長いのか?」など、興味深いお話しばかりで楽しく聴講しました。

会場のあるビル
r020209_1.jpg

1階の掲示板
r020209_2.jpg

講師の上野先生と馬場先生
r020209_3.jpg

馬場先生、講義中。この話をしだしたらとまらない・・・という感じ(^_^)
r020209_4.jpg

会場内で参加したスタッフと記念撮影
r020209_5_kinenp.jpg
posted by 院長 at 14:00 | スタッフの研修

2020年02月02日

The Myofocus mini-residency(東京)に院長とスタッフが参加

1月31日(金)〜2月2日(日)の3日間にわたり東京都千代田区のフクラシア丸の内オアゾ15階会議室Iで行われた

The Myofocus mini-residency in Myofunctional Pre-Orthodontic Care
 FOUNDATION コース

  講師:Dr.Dan Hanson、Dr.Donny Mandrawa

に院長とスタッフ1名が参加してきました。
当院で行っているMRC矯正と同じ流れを汲む mYofocUs は、より低年齢からアプローチするのが特徴。
今回高額の受講料にも関わらず、多くの歯科医師・歯科衛生士が参加していました。

このコースは本来5日間コースでしたが、2月は休診が多くこれ以上休みに出来ないので、3日だけの参加となりました。
次回の開催予定は今のところないようですが、もし開催が決まり日程が合えば、残りの2日も受講する予定です。

会場のあるフクラシア丸の内オアゾ

R020131_1.jpg


R020131_6_night.jpg

会場入り口付近
R020131_2.jpg

開講前の会場内
R020131_3.jpg

開講直前の講師の両先生と主催者の歯科医師
R020131_koushi.jpg

R020131_koushi_donny.jpg

お昼休みに撮影した集合写真
shugoushasin.jpg
posted by 院長 at 16:41 | 院長とスタッフの研修

2020年01月30日

病因論と治癒論から読み解く根尖性歯周炎(大阪)に院長が参加

1月30日(木)は新大阪でセミナーを受講したあと淀屋橋に移動。
午後7時から9時前まで大阪市北区の中之島セントラルタワー19階 ストローマンジャパン株式会社で行われた

病因論と治癒論から読み解く根尖性歯周炎
 講師:嘉村 康彦 先生(Sigma Dental Specialists(アメリカテキサス州))

に参加してきました。
講義が終わり質疑応答にはいるまでに会場をあとに。
翌日から東京で3日間セミナーを受講することになっていたので、その時間に会場を出なければ、東京行きの最終のぞみに間に合わないため。

何とか終電に間に合い、東京のホテルに着いたのは午前様でした。

会場のあるビル
r020130_2_1.jpg
r020130_2_2.jpg

セミナー会場前の電光掲示
r020130_2_3_denko.jpg
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

症例からはじめるアンカースクリュー(大阪)に院長が参加

1月30日(木)に大阪府大阪市東淀川区の新大阪丸ビル新館 509号室で行われた

症例からはじめるアンカースクリューを用いた 限局矯正(LOT)実習セミナー
  講師:保田 好隆 先生(保田矯正塾主宰)

に参加してきました。

歯科矯正用アンカースクリューとは、部分的な矯正治療を行う際などに使用する、特殊な固定装置。
今まで簡単にはできなかった部分矯正が、このスクリューにより比較的容易に出来るようになる場合があります。

そうしょっちゅう使うものではありませんが、時に治療上強力な「武器」にもなり得るアンカースクリューについて、実習をしながら学びました。

会場のある新大阪丸ビル新館
r020130_1_1.jpg

1階の電光掲示板
r020130_1_2denko.jpg

開講前の会場内
r020130_1_3_kaijo.jpg

タイトルスライド
r020130_1_4_slide.jpg

講師の保田先生
r020130_1_4_koushi.jpg
posted by 院長 at 16:00 | 院長の研修

2020年01月26日

上野清香先生が伝える『足育講座』(三重県いなべ市)に院長とスタッフが参加

1月26日(日)午前に三重県いなべ市員弁町のいなべひまわり保育園で行われた

主催者:いなべ×ほいく×しぜん
上野清香先生が伝える『足育講座』

に院長とスタッフ6名が参加してきました。
当日、院長は朝一番のりで、会場設営を少しお手伝い。
その後続々と参加者が集結。
当初100名の予定だった参加者は、希望者が予想以上に多く最終的に130名が参加したとのこと。
福井県・奈良県・四日市開業のの歯科医師、周辺の県の歯科衛生士など、同業者も多数参加したことからも、上野先生の歯科界での知名度がわかります。

午前中は、上野先生の得意分野、足の話。

足指は姿勢と直結し、それがかみ合わせにも大きな影響を与えることから、歯科界で足指の指導をする医院が増えつつあります。
当院院長は、今井一彰先生(内科医)の推奨するゆびのば体操にはじまり、靴の専門家 松藤先生や東京のドイツ靴系の靴専門家、そして日独小児靴学研究会講座などに参加しており、足指に大きな影響を与える靴の問題にも力を入れています。

よい靴のない小児靴のひも靴加工や長靴の加工、成人用インソール作成も可能で、場合によっては靴の販売も行うことがあります。

今後とも足の問題についてさらに学びを深め、子どもたちを中心とした足の問題の予防(保健指導)にもより一層力を入れていく予定です。

午前の講座修了後、上野先生のご厚意により、子どもたちの靴のセレクトについて講師直々にアドバイス。
当初の予定より人数が増え、上野先生はお昼ご飯を食べる時間がなくなってしまいましたが、希望者全員の靴指導をした後午後の講座へ突入。

午後からは、「発達・発育のこと」「口呼吸・鼻呼吸のこと」に関する特別セミナーが10名限定で開催され、院長とスタッフ1名が特別に聴講させていただけることに。
午前と異なり少数先鋭、受講料もかなり高額でしたが、募集後すぐに満席に。

こちらも上野先生の得意分野、子どもの発育発達について、ご自身がたくさんの子どもたちを見てきた経験を元に、ネットなどではなかなか知ることが出来ない情報の数々、参加者にとって貴重な学びの場となったことは間違いなし。
午後の聴講生の中には、小さな子どもを持つ奈良の歯科医師もお一人含まれており、いままで興味のなかったこの分野の勉強をはじめられるきっかけとなったようです。

今回当院は、このセミナー企画後主催者の才賀様から連絡をいただき、参加者募集のお手伝いもさせて戴きました。
どれくらいお力になれたかは不明ですが、兎にも角にも今回の講座は大成功裏に終了。

最後に園関係者3名、上野先生、当院2名で10分ほど子どもたちの健康について意見交換させていただきました。

主催者の才賀様、いなべひまわり保育園副園長先生、上野先生、ありがとうございました。

会場となったいなべひまわり保育園
himawari.jpg

手作りの講座紹介用垂れ幕
title.jpg

開講直前の会場内
start.jpg

講演中の上野先生
ueno.jpg

最後に関係者と記念撮影
shugo2.jpg
posted by 院長 at 16:00 | 院長とスタッフの研修

2020年01月19日

第13期分子栄養学実践講座(東京)にスタッフが参加、認定カウンセラー試験に合格!

1月19日(日)に東京都中央区八重洲の京橋ビルにあるビジョンセンター東京八重洲南口 6Fホールで行われた

第13期分子栄養学実践講座
 講義・認定試験

  講師:宮澤 賢史 先生

に当院管理栄養士が参加してきました。
この講座は血液検査や有機酸検査・毛髪検査などを組み合わせて病気の原因となりうる問題を早期に発見し、その対策を行うことなどを目的としています。

院長もこの講座を2期から何期も受講しました。
しかし、近年どんどん解析項目が増え、難解になってきました。
今回当院の管理栄養士は、講座に出席したのは2回ですが、Webで講義を聴講、9月の集中講座に参加することで、栄養・代謝に関する知識を極めました。

今回の講座修了後、認定カウンセラー試験が行われました。
参加したスタッフはコツコツと試験勉強に励み、2月8日に無事

臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー合格

通知が届きました。おめでとう!

当院で行っている食事保健指導のレベルが一段とアップすること間違いなし!
ネットで集めた情報は、玉石混淆、本当によい情報は、高額の研修費を払わなければ、得ることは極めて困難。
当院で収集した情報の中から有益なものをその方に応じて選択し、情報提供をしています。

会場のあるビル
R0119_2_1.jpg

1階のフロアにある電光掲示
R0119_2_2.jpg

開講前の会場内 かなり早めについたので、まだ人はまばら。
最終的には多くの参加者が集いました。
R0119_2_3.jpg

お昼ご飯は健康志向のサラダ
R0119_2_lunch.jpg

講師陣と参加者の集合写真
shugo_shasin.jpg
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修