2018年07月22日

CSソックス初級セミナー(大阪)にスタッフが参加

7月22日(日)に大阪府箕面市で行われた

CSソックス初級セミナー
   講師:松藤 文男 先生

にスタッフ2名が参加してきました。

このセミナーは、靴下のセミナーではありますが、足指の診方などを詳しくお教え戴けるので、院長はじめ過去にスタッフ5名が参加しています。
今回も実習がびっしり行われ、すごく勉強になったそうです。

会場となったファイブコンフォート本社
S__77176837.jpg

実習中の模様
S__77176838.jpg

S__77176839.jpg

S__77176840.jpg

posted by 院長 at 17:00| スタッフの研修

2018年07月17日

まぁるい抱っこ基礎講座A(名古屋)にスタッフが参加

名古屋市中区橘の東別院会館2階和室で行われた

まぁるい抱っこ基礎講座A
 講師:辻 直美 先生(一般社団法人育母塾 代表理事)

にスタッフ2名が参加してきました。

まぁるい抱っこ普及の第一人者と言える辻先生の講座には、今回を含め院長&スタッフがのべ13回参加しています。

今回は歯科関係者が半数を占めていましたが、そのうちのお一人は(院長と面識のある)香港在住の歯科医師。わざわざこのために来日されたそうです。

会場の外観
H300717_02.jpg

辻先生記念撮影して戴きました
H300717_kinenphoto.jpg

posted by 院長 at 16:00| スタッフの研修

2018年07月08日

日本人らしい食事と生活習慣術で免疫力アップ!(名張)にスタッフが参加

7/8(日)に三重県名張市の武道交流館いきいきで行われた

食生活・子育て・健康に悩む方も必見!
角田和彦先生による日本人らしい食事と生活習慣術で免疫力アップ!アレルギー・病気を予防しよう!
  講師:角田 和彦 先生(かくたこども&アレルギークリニック院長(宮城県多賀城市))

に、小児担当の管理栄養士が参加してきました。

近年、子ども達にとって深刻な問題となっている、アレルギーやアトピー治療の第一人者といえる角田先生にわざわざ三重県までお越しいただいて行われた講演会。
最寄り駅から結構遠く、汗だくになって会場まで歩き、参加してくれました。

参加した管理栄養士の感想

「アレルギーは奥が深い。大学の頃は、牛乳やパンに何も疑問を抱いてなかった。
 学校給食の牛乳やめてほしい!!
 何より食事に合いません。
 そしてやっぱり発酵食品を積極的に食べるべき!」

とのことでした。

会場のある、武道交流館いきいき
H300708_kakuta01_gaikan.jpg

H300708_kakuta02].jpg

講演会の掲示
H300708_kakuta03_keiji.jpg

開始10分前の会場内。講演開始後はほぼ満席だったそうです。
H300708_kakuta04_kaijo.jpg

講演タイトルスライド
H300708_kakuta05_slide.jpg
posted by 院長 at 12:00| スタッフの研修

2018年06月22日

足指バンド認定講習会等(徳島)にスタッフが参加

6月22日(金)に徳島県鳴門市のはぐくみの森歯科クリニックさんで行われた

足指バンド認定講習会
  講師:灰谷 孝 先生

にスタッフ1名が参加してきました。

たった2時間の講習でしたが、足指の重要性を再認識させられました。
また、今回わざわざ徳島まで行ったのは、当院で先日導入した機器の使い方を学ぶためでもありました。
はぐくみの森歯科クリニックの山内先生に、当院スタッフが様々なノウハウをお教え戴きました。

慣れない高速バスのチケット購入方法や時刻表などをお教え戴いたり、バス停まで送り迎えしてもらったりなど、山内先生には大変お世話になりました。

予定終了後、スタッフはそのまま翌日から受講する講座のため、高速バスで京都に移動し、烏丸御池駅近くのホテルに宿泊しました。

会場のはぐくみの森歯科クリニックさん
H300622_hagukumi.jpg

Welcome ボード
H300622_title.jpg

効果の計測中
H300622_footview1.jpg

講師の灰谷先生、お世話になった山内先生と当院スタッフ
kinenshasin.jpg

遠路はるばるお疲れ様でした。
posted by 院長 at 17:00| スタッフの研修

2018年06月15日

足と靴のプロセミナー(東京)にスタッフが参加

6月14日(木)・15日(金)の2日間にわたり東京都台東区のFSI(フスウントシューインスティテュート)で行われた

健康のための
足と靴のプロセミナー

にスタッフが参加してきました。

姿勢を正すためには、足の状態の改善と靴の選択が極めて重要です。

当院では以前からこの問題に取り組んでいますが、より質の高い指導をすることを目的として参加しました。
参加者は主にフットケアや靴の販売を行っている方々。
今回は医療関係者はおらず、参加者も5名だったので、質問もたくさん出来たそうです。

初日は整形外科医による足の構造と病理について。
2日目は理学療法士による靴の構造、製造法、靴の製造過程の見学、フットプリントによる足の診断、フットケアについて等。

朝の9時半から午後6時半まで、休憩も少なくハードな2日間でした。

会場のある建物
H300615_01_buil.jpg

案内掲示
H300615_02_annnai.jpg

足の裏の状態を見る簡易装置
footprint.jpg

フットケア用のお部屋
H300615_03_chair1.jpg

インソールの部品
H300615_05_insole.jpg

靴研磨用の機械
H300615_06_kenma.jpg
posted by 院長 at 18:30| スタッフの研修