2020年01月13日

吉冨信長先生の栄養セミナー(広島)に院長が参加

1月13日(月・祝)に合人社ウエンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ) 北棟5階研修室Cで行われた

吉冨信長さんの栄養セミナーE
 ・腸脳相関 〜腸内環境が感情を作る〜
 ・ロイテリ菌健康法


に院長が参加してきました。
吉冨先生には 1年半ほど前に当院までお越しいただき、スタッフ向け院内セミナーを行っていただいたことがあります。
その時の模様は当院ブログに掲載してあります。
http://sakura-dc-new.sblo.jp/article/183515646.html

その後もちょくちょく吉冨先生の講座には、院長やスタッフが参加しています。

今回の午前のテーマは“腸脳相関”。

脳が腸をコントロールしていることは広く知られていますが、近年、腸の状態が脳に様々な影響を及ぼすことが、解明されつつあります。
今回は、現在わかっている文献的根拠のある話題について、詳細にご説明いただきました。
脳腸相関の問題は、子どもたちにとっても重要です。
今後この問題についても、情報発信していこうと考えています。

午後のテーマは、“ロイテリ菌”。

最近様々な乳酸菌が販売されていますが、どれも帯に短し襷に長し。
そのなかで、ロイテリ菌は文献的根拠のある人に対する効果が多く認められています。
お口の中の病気への有効性は、歯科医師の間では有名で、以前からロイテリ菌の商品を歯科医院が扱うケースは珍しくありませんでしたが、近年では医科の先生も注目。
今後の発展が期待できます。

実は、院長ははBaiogaia社が日本でプロデンティスを販売したときから取り扱っており、アンチエイジング歯科学会が“バクテリオセラピー”を推奨し、この商品の日本発売を記念して、スウェーデン大使館で発表会を行いました。

平成22年12月その発表会に参加したときの模様がさくら総合歯科のHPに掲載してあります。
http://anti-aging.jp/kenshu/kenshu_kako/diary_h2212.html

セミナーが行われた広島まちづくり市民交流プラザ
R020113_01.jpg

会場の研修室入り口から
R020113_02.jpg

講師の吉冨先生
R020113_03_yoshitomisensei_blog.jpg

講義中の模様
R020113_03_kougi10.jpg

R020113_03_kougi2.jpg
posted by 院長 at 16:30 | 院長の研修