2018年04月29日

咬合育成臨床ゼミナール第5回(東京)に院長が参加

4月29日(日)に東京都品川区旗の台の 昭和大学旗の台キャンパス 2階会議室で行われた

咬合育成臨床ゼミナール 東京 第5回
   講師:高田 泰 先生(文苑こども歯科クリニック(釧路市))

に院長が参加してきました。

近年、歯並び・咬み合せ異常のこどもたちがあまりに多く、その原因を放置すると、歯並びのみならず全身に影響を及ぼすことから、将来の日本人の健康状態が悪化するのではないか、と危惧されています。

歯並び・咬み合せ異常の原因の一つとして、生活習慣の変化と姿勢の悪化が関係している、と考える歯科医師が増えています。
その中でも、最も古くからこのことに着目し、装置をほとんど使わずに歯並びや咬み合せを改善させることに尽力してこられたのが、講師の高田先生。
もちろん、それだけでは完全に治らないことが多いのですが、原因を治さない歯並び治療は、ほぼ確実に崩れてしまい、その結果将来様々な問題を引き起こします。

矯正治療をする場合でも、原因を改善することは必須。
これは、メタボにおける特定保健指導と洞様に、本人の努力が必須のためなかなか普及していませんが、当院ではこどもたちを健康に育成するため、情報収集に努めながらスタッフ一丸となり、その改善に努めています。

当院の現在のテーマは、【 健口・健康育成 】

このテーマに関するホームページも是非ご覧ください。

http://maternity-dent.com/

会場の昭和大学旗の台キャンパス
H300429_01_kinenkan.jpg

H300429_03_kinenkan_blog.jpg

休憩中の会場内
H300429_04_kaijou_blog.jpg

講師の高田先生
H300429_05_DrTakada.jpg

お昼休みには、近所の中華定食屋さんで野菜炒め定食(570円)を食べました。
H300429_06_yasai.jpg

キャンパス内の自販機で販売されていたお水
H300429_07_mizu.jpg

往路ののぞみ車窓から見えた富士山
fuji1.jpg

帰りのひかり車窓から見えた富士山
fuji2.jpg


posted by 院長 at 18:55| 院長の研修