2020年01月30日

病因論と治癒論から読み解く根尖性歯周炎(大阪)に院長が参加

1月30日(木)は新大阪でセミナーを受講したあと淀屋橋に移動。
午後7時から9時前まで大阪市北区の中之島セントラルタワー19階 ストローマンジャパン株式会社で行われた

病因論と治癒論から読み解く根尖性歯周炎
 講師:嘉村 康彦 先生(Sigma Dental Specialists(アメリカテキサス州))

に参加してきました。
講義が終わり質疑応答にはいるまでに会場をあとに。
翌日から東京で3日間セミナーを受講することになっていたので、その時間に会場を出なければ、東京行きの最終のぞみに間に合わないため。

何とか終電に間に合い、東京のホテルに着いたのは午前様でした。

会場のあるビル
r020130_2_1.jpg
r020130_2_2.jpg

セミナー会場前の電光掲示
r020130_2_3_denko.jpg
posted by 院長 at 21:00 | 院長の研修

症例からはじめるアンカースクリュー(大阪)に院長が参加

1月30日(木)に大阪府大阪市東淀川区の新大阪丸ビル新館 509号室で行われた

症例からはじめるアンカースクリューを用いた 限局矯正(LOT)実習セミナー
  講師:保田 好隆 先生(保田矯正塾主宰)

に参加してきました。

歯科矯正用アンカースクリューとは、部分的な矯正治療を行う際などに使用する、特殊な固定装置。
今まで簡単にはできなかった部分矯正が、このスクリューにより比較的容易に出来るようになる場合があります。

そうしょっちゅう使うものではありませんが、時に治療上強力な「武器」にもなり得るアンカースクリューについて、実習をしながら学びました。

会場のある新大阪丸ビル新館
r020130_1_1.jpg

1階の電光掲示板
r020130_1_2denko.jpg

開講前の会場内
r020130_1_3_kaijo.jpg

タイトルスライド
r020130_1_4_slide.jpg

講師の保田先生
r020130_1_4_koushi.jpg
posted by 院長 at 16:00 | 院長の研修

2020年01月26日

上野清香先生が伝える『足育講座』(三重県いなべ市)に院長とスタッフが参加

1月26日(日)午前に三重県いなべ市員弁町のいなべひまわり保育園で行われた

主催者:いなべ×ほいく×しぜん
上野清香先生が伝える『足育講座』

に院長とスタッフ6名が参加してきました。
当日、院長は朝一番のりで、会場設営を少しお手伝い。
その後続々と参加者が集結。
当初100名の予定だった参加者は、希望者が予想以上に多く最終的に130名が参加したとのこと。
福井県・奈良県・四日市開業のの歯科医師、周辺の県の歯科衛生士など、同業者も多数参加したことからも、上野先生の歯科界での知名度がわかります。

午前中は、上野先生の得意分野、足の話。

足指は姿勢と直結し、それがかみ合わせにも大きな影響を与えることから、歯科界で足指の指導をする医院が増えつつあります。
当院院長は、今井一彰先生(内科医)の推奨するゆびのば体操にはじまり、靴の専門家 松藤先生や東京のドイツ靴系の靴専門家、そして日独小児靴学研究会講座などに参加しており、足指に大きな影響を与える靴の問題にも力を入れています。

よい靴のない小児靴のひも靴加工や長靴の加工、成人用インソール作成も可能で、場合によっては靴の販売も行うことがあります。

今後とも足の問題についてさらに学びを深め、子どもたちを中心とした足の問題の予防(保健指導)にもより一層力を入れていく予定です。

午前の講座修了後、上野先生のご厚意により、子どもたちの靴のセレクトについて講師直々にアドバイス。
当初の予定より人数が増え、上野先生はお昼ご飯を食べる時間がなくなってしまいましたが、希望者全員の靴指導をした後午後の講座へ突入。

午後からは、「発達・発育のこと」「口呼吸・鼻呼吸のこと」に関する特別セミナーが10名限定で開催され、院長とスタッフ1名が特別に聴講させていただけることに。
午前と異なり少数先鋭、受講料もかなり高額でしたが、募集後すぐに満席に。

こちらも上野先生の得意分野、子どもの発育発達について、ご自身がたくさんの子どもたちを見てきた経験を元に、ネットなどではなかなか知ることが出来ない情報の数々、参加者にとって貴重な学びの場となったことは間違いなし。
午後の聴講生の中には、小さな子どもを持つ奈良の歯科医師もお一人含まれており、いままで興味のなかったこの分野の勉強をはじめられるきっかけとなったようです。

今回当院は、このセミナー企画後主催者の才賀様から連絡をいただき、参加者募集のお手伝いもさせて戴きました。
どれくらいお力になれたかは不明ですが、兎にも角にも今回の講座は大成功裏に終了。

最後に園関係者3名、上野先生、当院2名で10分ほど子どもたちの健康について意見交換させていただきました。

主催者の才賀様、いなべひまわり保育園副園長先生、上野先生、ありがとうございました。

会場となったいなべひまわり保育園
himawari.jpg

手作りの講座紹介用垂れ幕
title.jpg

開講直前の会場内
start.jpg

講演中の上野先生
ueno.jpg

最後に関係者と記念撮影
shugo2.jpg
posted by 院長 at 16:00 | 院長とスタッフの研修

2020年01月19日

第13期分子栄養学実践講座(東京)にスタッフが参加、認定カウンセラー試験に合格!

1月19日(日)に東京都中央区八重洲の京橋ビルにあるビジョンセンター東京八重洲南口 6Fホールで行われた

第13期分子栄養学実践講座
 講義・認定試験

  講師:宮澤 賢史 先生

に当院管理栄養士が参加してきました。
この講座は血液検査や有機酸検査・毛髪検査などを組み合わせて病気の原因となりうる問題を早期に発見し、その対策を行うことなどを目的としています。

院長もこの講座を2期から何期も受講しました。
しかし、近年どんどん解析項目が増え、難解になってきました。
今回当院の管理栄養士は、講座に出席したのは2回ですが、Webで講義を聴講、9月の集中講座に参加することで、栄養・代謝に関する知識を極めました。

今回の講座修了後、認定カウンセラー試験が行われました。
参加したスタッフはコツコツと試験勉強に励み、2月8日に無事

臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー合格

通知が届きました。おめでとう!

当院で行っている食事保健指導のレベルが一段とアップすること間違いなし!
ネットで集めた情報は、玉石混淆、本当によい情報は、高額の研修費を払わなければ、得ることは極めて困難。
当院で収集した情報の中から有益なものをその方に応じて選択し、情報提供をしています。

会場のあるビル
R0119_2_1.jpg

1階のフロアにある電光掲示
R0119_2_2.jpg

開講前の会場内 かなり早めについたので、まだ人はまばら。
最終的には多くの参加者が集いました。
R0119_2_3.jpg

お昼ご飯は健康志向のサラダ
R0119_2_lunch.jpg

講師陣と参加者の集合写真
shugo_shasin.jpg
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修

ウルトラナノアパタイト強石灰化システムセミナー(東京)に院長が参加

1月19日(日)に東京八重洲ホールで行われた

ウルトラナノアパタイト強石灰化システムセミナー

に参加してきました。

アパガードという歯磨き粉に使われていた『アパタイト』。
これを虫歯予防に使おうという発想のセミナーでした。

会場の東京八重洲ホール
r020119_1_1.jpg

1階の案内電光掲示
r020119_1_2.jpg

開講直前の会場内
r020119_1_3.jpg

当日朝新幹線車内から撮影した富士山
fuji2.jpg
posted by 院長 at 14:00 | 院長の研修