2019年09月29日

EBAC東海ブロック研修会(静岡)に院長とスタッフが参加

9月29日(日)に静岡県静岡市葵区のレイアップ御幸町ビル5Cで行われた

EBAC東海ブロック研修会
 講師:本田俊一先生(ほんだ歯科(東大阪市))

に院長とほんだ歯科口臭外来認定歯科衛生士が参加してきました。

本研修会はほんだ歯科認定医に年2回の出席義務化されている研修会のひとつ。
認定歯科衛生士にも本ブロック研修会が義務づけられています。

例年、復習と難しい症例の対応を中心とし、新しい治療法や治療機器についての説明が行われています。

今年は水素ガス発生装置、舌の診方、等について詳細な講義が行われました。

会場のあるビル
R010929_ebac_1.jpg

1階と5階の案内掲示
R010929_ebac_2_keiji.jpg

R010929_ebac_3_ent.jpg

開講10分前の会場の様子
R010929_ebac_4_kaijou.jpg

タイトルスライド
R010929_ebac_5_titleslide.jpg

講義中の本田先生
R010929_ebac_6_dr_honda.jpg

posted by 院長 at 16:00 | 院長とスタッフの研修

2019年09月28日

第15回直立歯科医学研究大会(東京)に院長が参加

9月28日(土)午後は、午前に参加した学会会場から急いで移動し、東京都目黒区大岡山の東京工業大学 大岡山キャンパス ディジタル多目的ホールで行われた

第15回直立歯科医学研究大会
 テーマ:『バランスよくまっすぐ立つための歯牙・咬合形態』

に院長が参加してきました。

動物の中で、唯一「直立二足歩行」の人間特有の姿勢の維持について、かみ合わせだけでなく顎の動きも関与している、という考えを基本とした、日本直立歯科医学研究会。
姿勢がゆがむと脳幹もゆがみ、様々な症状・病気の原因となり得る、と同学会では考えています。
(因みに、ペンギンは“直立”二足歩行ではありません。)

一昨年に参加して以来、2年ぶりに参加してきました。

聴講したのは、以下の演題。

●知られていない下顎の平衡機能
  演者:柏村康治先生

●直立二足歩行のなかの顎口腔系
  演者:臼井五郎先生

●頭をおこすDSを用いた直立平衡咬合治療
  演者:松井啓祐先生(中津歯科クリニック)

★教育講演
●工学者からみた直立歯科とその展望
  演者:伊藤浩之先生 (東京工業大学 准教授)

●咀嚼時の頭の動きが咬合面形態に与える影響
  演者:林俊輔先生

★知られていない咀嚼スウィングと臨床

●スウィング不全の咬合からスウィング良好の咬合へ
 →噛みにくい咬合から噛みやすい咬合へ
  演者:寺尾公成先生

●咀嚼リシェイピングの効果
  演者:永田耕蔵先生(永田歯科医院(鳥取県米子市))

●咀嚼緩衝の改善による頭位の変化
  演者:東谷善弘先生(東谷歯科医院(奈良県北葛城郡))

●直立と歯科矯正治療
 シロナソグラフとフットビュークリニックの応用と検証
  演者:香川正之先生(香川矯正歯科医院(大阪府吹田市))

●当院における無呼吸治療の進め方について
  演者:阿部弘先生(あべ歯科医院(青森県弘前市))

ほとんどが症例報告でしたが、東京工業大学の先生による、直立歯科医学の基礎研究についての発表もあり、内容の濃い半日でした。

会場の東工大 ディジタル多目的ホール
R010928_2_1.jpg

会場入り口の学会看板
R010928_2_2.jpg

休憩中の会場内
R010928_2_3_kaijou.jpg

R010928_2_4_endan.jpg

会長と学会を立ち上げ他先生
R010928_2_5_U&T.jpg
posted by 院長 at 18:00 | 院長の研修

日本脂質栄養学会第28回大会(東京)に院長が参加

9月28日(土)の午前中、東京都千代田区一ツ橋の学術総合センター2階 一橋講堂で行われた

日本脂質栄養学会第28回大会
 テーマ:油で健康イノベーション


に院長が参加してきました。

聴講したのは以下のセッション

★特別講演2
●“生体膜リン脂質脂肪酸鎖の生理的役割および疾患との関わり”
   演者:新井 洋由 先生
     (医薬品医療機器総合機構(PMDA)、東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター)


★シンポジウム2 “リポクオリティと脂質栄養”

●“リポクオリティと脂質栄養”
   演者:有田 誠 先生
   (慶應義塾大学 薬学部 薬学研究科、理化学研究所生命医科学研究センター)


●“腸内細菌が作り出す新たな機能性脂肪酸について”
   演者:岸野 重信 先生(京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻)


●“脂質栄養はメンタルヘルスを支えるか”
   演者:松岡 豊 先生(国立がん研究センター 社会と健康研究センター)

会場のある学術総合センター
R010928_1_1.jpg

センターの入り口
R010928_1_2.jpg

会場内に張ってあった、学会のポスター
R010928_1_3.jpg

講演の合間の会場内
R010928_1_4.jpg

終了後、午後に参加する会場へ直行。神保町から大岡山駅へ。



posted by 院長 at 12:00 | 院長の研修

2019年09月22日

口腔研修〜S-R touch Oral A〜(名古屋)に院長が参加

9月22日(日)に名古屋市東区のWA東桜貸会議室 第二会議室(和室)で行われた

口腔研修 〜 S-R touch Oral A 〜
 講師:奥住 啓祐 先生(言語聴覚士)

に院長が参加してきました。
昨日スタッフが受講した-R touch Oral @は5名程度の参加だったそうですが、本日は約15名の参加。
参加者は地元中心ではありますが、広島や高知から参加された歯科医師も。
昨日はどちらかというと問題点の把握を行う内容であったのに対し、Aは問題に対する対応の仕方を中心にご指導戴きました。

今回学んだことを元に、明日から(祝日ですが診療)子どもたちの舌の機能を見ていきます。

会場のあるビル
R010922_1_buil.jpg

R010922_2_kanban.jpg

会議室入り口のホワイトボード
R010922_3_whitebord.jpg

講義中の奥住先生
R010922_mr_okuzumi.jpg

実習中の模様
R010922_jisshu.jpg

研修修了後に撮った集合写真
R010922_shugo2.jpg
posted by 院長 at 16:30 | 院長の研修

2019年09月21日

口腔研修〜S-R touch Oral @〜(名古屋)にスタッフが参加

9月21日(土)に名古屋市東区のWA東桜貸会議室 第二会議室(和室)で行われた

口腔研修 〜 S-R touch Oral @ 〜
 講師:奥住 啓祐 先生(言語聴覚士)

にスタッフ1名が参加してきました。

お口の機能の改善と、それにより全身のパフォーマンスも向上させる、不思議な S-R touch。

出席者は言語聴覚士が多く、歯科医師と管理栄養士が各1名。
実習をしながら、舌の機能の見方、舌の機能を改善する方法をお教え戴きました。

会場のあるビル
S__83427346.jpg

一番乗りだったので、講師の奥住先生にポーズをとってもらいパチリ
S__83427348.jpg
posted by 院長 at 17:00 | スタッフの研修