2019年07月11日

プラスケア スタイルセミナー(名古屋)に院長が参加

7月11日(木)に名古屋市中村区則武のTKPガーデンシティPREMIUM名駅西口 3 カペラで行われた

プラスケア スタイルセミナー
 血糖値をよく見よう

に、院長が診療終了後名古屋に直行して参加してきました。

本セミナーは、名古屋会場で行われましたが、浜松・金沢・大阪・岡山・広島で同時中継。
座長は岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学講座教授 矢部 大介 先生。

内容は、
     
話題提供
 SMBG・FGMデータを用いての療養指導 〜血糖値から分かる患者の生活〜
  演者:山口 三恵子 先生(豊橋市民病院 看護局主任 糖尿病看護認定看護師)
基調講演
 糖尿病診療における心理的アプローチの重要性
  演者:尾ア 信暁 先生 先生(名古屋第一赤十字病院 内分泌内科部長)
特別講演
 糖尿病診療に携わる医療従事者に知ってほしい歯周病の話題
  演者:西村 英紀 先生 先生(九州大学大学院 歯学研究院 口腔機能修復学講座 歯周病学分野教授)

最初の2演題は、糖尿病治療最前線でご活躍されているお二人。
ご存じの通り、糖尿病は代表的な生活習慣病で、原因となる生活習慣を改善しなければ、薬を服用していてもどんどん悪化し、様々な合併症に苦しむことになります。
にもかかわらず、生活習慣を変えようとしない患者さんが多く、医療の現場では苦悩の連続のようです。

今回の話を聞いて、やはり幼少期からの健康教育が極めて重要であることを、再認識しました。

会場のあるビル
R010711_1.jpg

ビル一階の案内掲示
R010711_2.jpg

開講直前の会場内
R010711_3.jpg


posted by 院長 at 21:23| 院長の研修