2018年03月31日

子どもの姿勢発達講座(名古屋)に院長とスタッフが参加

名古屋市中区橘の中生涯学習センター 第1、2和室で行われた

子どもの姿勢発達講座
   講師:辻 直美 先生(一般社団法人育母塾代表理事)

に、院長とスタッフ5名が参加してきました。

翌日開催されたまぁるい抱っこ講座・授乳講座と共に、乳幼児の正常な機能発達にとって極めて重要な内容満載の3講座。

育児にまじめに取り組む母親にとって、子供の運動機能の発達上の悩みはつきないようで、多くの子供連れの母親(一人だけ父親)が参加していました。

その中に混じって当院スタッフは、今後当院で力を入れていく『マイナス2歳からの予防』に関する情報収集を目的に参加しました。

【簡単な要約】

母は、子供を観察しながら自身の仕事を行う「マルチタスク」を行わなければならない。
肌はむき出しの脳である
 → 外胚葉の一部(海馬の一部)が中からめくれてつながって肌になる

肌は感じることが出来る臓器であり、覚えることが出来る臓器

授乳が上手く出来ないのは、子供の問題ではなく、親の立ち方、支え方の問題
飲みにくい格好にしているのは母
正しい飲み込みなら、授乳中は音がしない
乳首を斜めや上からに入れられると音がする

手の握り方
 パームグリップ
  最初はがしっと握るだけで、指は自在には動かない
  大人のように動くのは8歳から
  赤ちゃんの手の感覚は、大人が軍手を2枚つけているのと同じ感覚

その他、ハンドリガードやフットリガード、寝返り、歩行までの過程などについて、詳しくお話しいただきました。

辻先生(左から3番目)と参加したスタッフの記念写真(一番右は新人)
H300331_shisei_all_member.jpg

会場のある中生涯学習センター
H300331_01.jpg

講座が行われた和室 エアコンがなく扇風機が一部屋にひとつあるだけでした
H300331_02.jpg

デモ中の辻先生
H300331_03.jpg

講義中の辻先生
H300331_04.jpg

実体験中の当院スタッフ
H300331_05.jpg

室内に簡単に作れる子供の遊び場
H300331_06.jpg

子供の足を見る辻先生
H300331_07.jpg
posted by 院長 at 16:00| 院長とスタッフの研修

2018年03月29日

プチ不調を食事から変える(東京)にスタッフが参加

東京都中央区八重洲のヒューリック八重洲第3ビル3階 野口英世会議室で行われた

分子栄養学入門セミナー
「プチ不調を食事から変える 腸内環境編」

   講師:原田 ゆかり 先生( 宮澤医院 管理栄養士)

にスタッフが参加してきました。

近年注目されている腸内環境。
健康を大きく左右することが徐々に解明されてきています。

今回は、食事と腸内環境の関係などについて、わかりやすく説明していただきました。

会場のあるビル
H300329_tyou_01.jpg

H300329_tyou_02.jpg

開始45分前の会場内。誰も到着しておらず、電灯さえついていなかったそうです。
H300329_tyou_03.jpg

参加したスタッフは、午前中の診療後に一旦帰宅、すぐに東京に向かい、食事を軽く済ませたあと19時からのセミナーに参加しました。
2時間のセミナーのあと、とんぼ返りで23時30分過ぎに帰宅したそうです。
夜遅くまで、お疲れ様でした。
posted by 院長 at 22:00| スタッフの研修

診療報酬改定時集団指導(津)に院長が参加

津市一身田の三重県総合文化センター 大ホールで行われた

診療報酬改定時集団指導

に参加してきました。

これは研修会と言うよりは、保険診療を扱う歯科医院に義務づけられた、健康保険改定時に毎回行われる『集団指導』。
三重県中の歯科医師が集合するため、歯科医師が一人しかいない県内の歯科医院は、すべて休診になってしまう、患者さんにとっては不便な日、と言えるかもしれません。

当院は通常木曜は診療を行っており、この日も午前の診療を間に合うであろう時間まで行い、午前診療終了後速やかに四日市を出発。
早めに余裕を持って出発したつもりでしたが、近年四日市インターから鈴鹿あたりまで渋滞が常態化しており、何とか5分前に会場に入ることになりました。

集団指導終了後、速やかに現地を出発。
往路で対向車線(伊勢自動車道〜東名阪自動車道)がひどい渋滞だったので、あえて一般道を走りました。途中満開の桜が道路沿いに所々にあり、焦って運転しながらも心が若干安らぎました。

戻ってすぐに午後の診療を開始。休む暇のない一日でした。

会場のある三重県総合文化センター
H300329_shudanshidou_1.jpg

敷地内のモニュメント
H300329_shudanshidou_2.jpg

会場入り口付近
H300329_shudanshidou_3.jpg

会場内。三重県の歯科医師が一堂に会します。
H300329_shudanshidou_4.jpg
posted by 院長 at 15:00| 院長の研修

2018年03月25日

歯科新点数説明検討会(津)に院長が参加

三重県津市羽所町のホテルグリーンパーク津6階伊勢・安濃の間で行われた 

歯科新点数説明検討会
   講師:歯科保険部講師団

に院長が参加してきました。
2年に1回行われる健康保険の大幅改訂。
今回もどんどん手続きが面倒になりました。
余計な事務作業が増えて、大変。

会場のあるホテル
H300325_.jpg

会場入り口
H300325_2.jpg

開講5分前の会場内
H300325_3.jpg
posted by 院長 at 17:25| 院長の研修

2018年03月24日

「くすり・たべもの・からだの協議会」講演会(静岡)にスタッフが参加

3月24日(土)に静岡市駿河区東静岡のグランシップ 会議ホール「風」で行われた

「くすり・たべもの・からだの協議会」主催第13回講演会

「子供の健康と環境と予防医学」
   講師 森 千里 先生(千葉大学医学部教授 予防医学センター長)

「食事でがんは治るのか?! −がん治療におけるアルカリ化食の意味」
   講師 和田 洋巳 先生(京都大学名誉教授 からすま和田クリニック院長)

にスタッフ1名が参加してきました。

最初の講演の演者 森先生は、環境ホルモンの健康影響に対する研究の第一人者。
2つめの講演の演者和田先生は、京大病院に約40年勤務したのち、現代のがん標準医療に疑問を抱き、独自の理論のもとがん治療などを行っておられる医師。

今回の演者にどうしても質問したいことがありましたが、院長は診療があるので参加不可能。
この方面に詳しいスタッフを派遣し、聴講してもらうと同時に質問もしてもらいました。
今回の情報は、患者様にもお伝えしていく予定です。

会場のグランシップ
H300324_1_gaikan.jpg

案内掲示
H300324_2_denko.jpg

開会前の会場内
H300324_3_kaijou.jpg
posted by 院長 at 16:00| スタッフの研修