2017年04月23日

生体内細菌叢の英才教育(東京)に院長が参加

東京都港区交通ビル 地下会議室で行われたセミナー

生体内細菌叢の英才教育 トータルヘルスプログラム
  講師:辻村 傑 先生(つじむら歯科医院 院長)

に院長が参加してきました。

歯周病を、なるべく手術を避けて治療とする辻村先生の考え方を、当院でも以前から取り入れています。
ただ、あまりひどい歯周病は、残念ながら手術も必要になります。
辻村先生の考え方は、手術の成功率を上げる意味でも有効です。

会場のある交通ビル
H290423_1_blog.jpg

H290423_2.jpg

120名の参加者で満席状態の会場内
H290423_3.jpg
posted by 院長 at 18:20| 院長の研修

2017年04月22日

子育て力UP講座(東京)に院長が参加

東京都世田谷区の国立成育医療研究センター 研究所2Fセミナールームで行われた

第20回 東京都助産師会 世田谷目黒地区分会勉強会
子育て力UP講座 『お口の育ちは、からだの育ちから』
   講師:石田 房枝 先生(赤ちゃん歯科ネットワーク代表)

に参加してきました。

石田先生は、小児歯科界では有名な方で、乳児の時から如何に子どもと接していけば健康に育つか、日本では恐らく最も古くから関心を持って取り組んでこられた小児歯科医です。
以前から先生のお話しを聴きたかったのですが、ことごとく日程が合わず、今回ようやく聴講が実現しました。

虫歯を防ぐためばかりでなく、悪い歯並びの予防についても、わかりやすく説明して戴きました。
この日の午前中は始めて国立国会図書館を訪れ、絶版になった専門書の複写依頼もしてきました。

会場の国立成育医療研究センター
国立成育医療研究センター_02.jpg

国立成育医療研究センター_01.jpg

国立成育医療研究センター_03.jpg

講師の石田先生
dr_ishida.jpg

開講前の会場内
dr_ishida_kouen.jpg
posted by 院長 at 00:00| 院長の研修

2017年04月19日

愛知伝統調味料を知る(名古屋)にスタッフが参加

名古屋市東区泉の CHIE’S KITCHEN で行われた

愛知伝統調味料を知る
日本料理店 小判天はなれ 長田料理長による特別レッスン

   講師 長田 勇久 氏

に管理栄養士が参加してきました。

講師の先生は、何と彼女が在籍していた大学のゼミでお世話になったことがある方でした。
これも何かのご縁、ということで、一緒に記念撮影をして戴きました。

H290419_00.jpg
posted by 院長 at 14:58| スタッフの研修

なるほどペリオ講座(名古屋)にスタッフが参加

名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で行われた 

なるほどペリオ講座
 〜Prof.天野とDr.ヒロのペリオワールド〜

   講師 天野 敦雄 先生(大阪大学大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座予防歯科学分野教授)、
      山本 浩正 先生(山本歯科医院院長)

にスタッフ1名が参加してきました。
このお二人は、歯科界では有名な話の楽しい先生方。
天野先生は大学の先生ながら、歯科開業医のレベルの高さを認めておられる珍しい先生。
山本先生は、ちょっと勉強している歯科衛生士なら、誰でも知っている歯科界では超有名な先生。
山本先生は、恐らく日本の歯科医師で最も論文をたくさん読んでいる先生、といっても過言ではありません。

この二人が、難しい歯周病の話をわかりやすく説明されたそうです。

会場となった名古屋国際会議場。桜の花が、まだ残っていました。
H290416_weltec01.jpg

H290416_weltec03.jpg

H290416_weltec05.jpg

定員400名の会場。早めに会場に到着したので、まだ閑散としていました。
H290416_weltec06.jpg
posted by 院長 at 14:42| スタッフの研修

2017年04月16日

メインテナンスに関するセミナー(福岡)に院長が参加

福岡市博多区リファレンスはかたビルで行われた

メインテナンスに関するセミナー
  講師 成富 健剛 先生(なりとみ歯科)

に院長が参加してきました。

会場のあるビル
H2904116_maint01b.jpg

H2904116_maint02b.jpg

会場入り口から見る会場内
H2904116_maint03b.jpg

講師の成富先生
H2904116_maint04b.jpg
posted by 院長 at 22:06| 院長の研修

広島で講演会を歯科医師とスタッフが行いました。

歯科医師の中村です。
今日、広島県山県郡で講演を中村、杉野、高田の三人で行ってきました。
テーマは「息育」「食育」「足育」にいて。
当院で矯正のお子様に指導している内容を知った、げいほく薬局の伊藤さんが、
『町にこういった知識をひろげたい!町の方々が健康になってほしい』という思いから実現しました。

来ていただいた方は、医師、薬剤師、学校教諭、作業療法士、理学療法士、歯科助手など職種は様々です。
どうしたら興味をもっていただけるかな。と院内でも話し合いを重ね本番に臨みました。

始まってからは皆さん、頷きながら本当に熱心にきいてくださいました。

呼吸を感じる、鼻うがい、足指チェック、ゆびのば体操、靴の選び方など実習を踏まえた内容だったからか、あっという間の六時間でした。

「明日から医療現場でやってみます」
「どうしたら、学校でもやっていけるかな?」
など休み時間に話合われていたので、本当にうれしかったです。

早速院内でもセミナーとして開催できるようにしていきたいとおもいます!

今まで今井一彰先生をはじめ、鈴木設矢先生、西田亙先生、湯浅氏、川邉研次先生、西川岳儀先生、石田力先生、丸森英史先生、松藤文男先生、村田起一先生など多くの先生から学んだ内容でした。
本当にありがとうございました。

会場入り口にて。当院スタッフの記念撮影。
CIMG1186.JPG

鼻うがいの実演。参加者全員が行ったそうです。
CIMG1268.JPG

足指の大切さを知って戴くための、実演
足指1.jpg

女性に難なく支えられる、当院の杉野。
足指2.jpg

杉野は軽量だから支えられるのでは?
でも、小柄な中村歯科医師が、大の男を難なく支えることができます
足指3.jpg

講演中の中村歯科医師
nakamura_blog.jpg

講演中に自身の体験談を述べる当院スタッフ
講演中_blog.jpg

講演が終わり、広島駅にて
広島駅にて.jpg
posted by 院長 at 20:26| 中村先生の研修

2017年04月10日

PHIJ設立10周年記念講座 PHIJ設立10周年記念講演会(東京)に院長が参加

8日(土)・9日(日)の2日間にわたり東京都千代田区よみうり大手町ホールで行われた

PHIJ設立10周年記念講演会
 GPと専門医のシナジーがおこす歯科医療改革

に院長が参加してきました。

豪華講師陣による講演が行われました。以下その演題。

これまでの歩みとこれからの歯科医療
 新しい価値の創造 歯科医療のイノベーション
    演者:熊谷 崇 先生(日吉歯科診療所)

MTMを軸とした歯科医療で日本国民の口腔健康価値の革新に挑む
   演者:小川 恵 氏(つきやま歯科医院 歯科衛生士)

歯周病学とインプラント学における最新テクノロジー:連携医療のためにエビデンスが提供できる機会とは
   演者:Dr. Scheyer
   (University of Texas Health Science Center サンアントニオ校招聘講師)

価値の創造におけるシナジーの意義と役割
   演者:宮本 貴成 先生(レイトン大学歯周病学科主任教授)

日本国民の口腔健康価値の革新に臨む
 20年先の社会を見据えた歯科医療のあり方
   演者:築山 鉄平 先生(つきやま歯科医院 専門医療センター長)

GPの立場から見たPHIJ
   演者:仲川隆之(延徳歯科医院 院長)

一生涯のための歯:治療決定のためのリスクアセスメントと予後のインパクト
   演者:Michael K McGuire 先生(アメリカ歯周病学会認定医)

アメリカでは、20年間インプラントばかりが脚光を浴びてきた
しかし、インプラント周囲炎が蔓延し始めているが、効果的な治療法はない
一方、自分の歯の歯周病治療は効果的である
歯周病になった歯は、組織を再生したりすることにより、歯を助けることができる
もし治せなくても、リスクを把握した上でメインテナンスにより延命が図れる
従来抜歯されてきた歯を助けることができる、たくさんのエビデンスがある

複雑な歯科的問題を有する患者の治療計画において、歯科放射線専門医がCT 読影を担当する利点
   演者:Douglas Benn 先生

CTスクリーニングを通して深まる医療連携
   演者:築山 鉄平 先生(つきやま歯科医院 専門医療センター長)

包括的歯科治療におけるGPと専門医の連帯
   演者:宮本 貴成 先生(レイトン大学歯周病学科主任教授)

初日終了後に懇親会が、2日目最後に質疑応答が行われました。

会場のある、読売新聞本社
H290408_yomiuri01.jpg

H290409_yomiurisinbun.jpg

開会前の会場内
H290408_yomiuriblog_01.jpg

懇親会会場に移動する途中、皇居前を通りました。桜が満開でした。
H290408_yomiuri095_koukyo.jpg

懇親会会場と、演者の先生
H290408_yomiuriblog_konshin1.jpg

H290408_yomiuriblog_konshin2.jpg

H290408_yomiuriblog_konshin3.jpg

会場は、読売新聞本社と言うこともあり、王や長島のユニフォームなどが展示されていました。
H290408_yomiuri06_nagashima.jpg
H290408_yomiuri05_oh.jpg
posted by 院長 at 22:00| 院長の研修

2017年04月02日

足指のセミナー(大阪)に歯科医師とスタッフが参加

歯科医師の中村です。
今日は千里中央まで、私とスタッフ4人で、足と指の勉強をしてきました!

三月も同じメンバーで足指のセミナーに参加しましたが、学ぶことがたくさんあり、今回も積極的に質問していました。

一日からメンバーに仲間入りした保育士は、歯科医院で足指をみると思っていなかったからか、目をキラキラさせながら話を聞いています。私達も刺激されました。

帰りの電車でも明日からの診療にどういかしていけるか話をしていました!

再来週はいよいよ広島で講演を控えています!
また報告させていただきます!

会場となった会社の前で記念撮影
CS全員.jpg

お昼に出して戴いたお弁当
bento.jpg
posted by 院長 at 18:59| 中村先生とスタッフの研修

2017年03月29日

子どもの咬合を考える会第21回特別講演会(京都)に中村先生が参加

歯科医師の中村です。
3月26日(日)に京都テルサホールで行われた

子どもの咬合を考える会第21回特別講演会
「0歳から始めよう!不正咬合の予防」


に参加してきました。

朝日大副学長 小児歯科学教授の田村康先生はの講演が始まりました。
赤ちゃんが母乳や人工乳を吸う機能である吸啜機能について、そこから離乳食がはじまり、咀嚼への移行そして飲み込む機能の嚥下までを、わかりやす説明してくださいました。
人工乳首赤ゃんのお口の模型に合わせてみたスライドも、実際は診ることができないので勉強になりました。

午後からは、おしゃぶり、指シャブリについて。母乳よりも、混合乳、人工乳で育った子の法が使用するケースが多いようです。
舌小帯、上唇小帯の異常で大学病院に来院されたお子さんを例に処置前後の機能検査の結果を提示してくださいました。

また咬み合せの異常があるお子さんの顔の筋肉の異常も研究データとともに説明がありました。
私たちの診療で行っている矯正の治療においてどういう変化があるのかを説明していただけたので勉強になりました。

また会員発表として、
小佐々康先生が『予防矯正のルーティン』
井上由貴先生が『家庭の事情でフルブラケット矯正をできずに苦労した症例』
中村由貴子先生が『不正咬合を予防する子育ち十ヶ条〜 幼児・学童期編』
がありました。
これらも普段の診療におけるポイントがしっかり詰まっていました。

シンポジウムは
座長が三村義郎先生。シンポジストは田村康夫先生、内田憲二先生、小石剛先生でした。
嚥下や開業医としての取り組みについても議論されました。
本当に学びの多い1日でした。

当院にはもうすぐ出産予定のスタッフがいます。
そのお子さんにも役に立つ情報満載でした。早速伝えたいと思います。
もちろん院内でもお伝えできるようにしたいと思っています。

IMG_0421.JPG

IMG_0422.JPG

IMG_0467.JPG

記念撮影.jpg

福岡先生.jpg
posted by 院長 at 23:25| 中村先生の研修

2017年03月27日

糖尿病料理教室&セミナー(名古屋)にスタッフが参加

昨日名古屋市緑区の南生協病院 だんらん調理室で行われた

緑区栄養士連絡会 糖尿病料理教室&セミナー

 講師:福栄 千亜希 先生(料理研究家・栄養士・製菓衛生士)
    林 佳奈 先生(管理栄養士)

に当院管理栄養士が参加してきました。

前半は料理教室「一汁三菜 適糖ごはん」、
後半はセミナー「安心して続けられる糖質制限の方法」

が行われました。
料理教室ではデモのあと、実際に調理を行いました。

会場となった病院
H290326_ryouryi_kaijou_blog.jpg

セミナー案内掲示
H290326_ryouryi_title.jpg

セミナー開始前の会場内
H290326_ryouryi_kaijounai.jpg

料理教室の模様
H290326_ryouryi_ryouri3.jpg

H290326_ryouryi_ryouri4.jpg

完成した糖尿病患者さん用お料理。美味しそうです。
H290326_ryouryi_kanseiblog.jpg
posted by 院長 at 12:39| スタッフの研修