2019年03月10日

口育士資格取得セミナー(東京)に院長が参加

3月10日(日)に東京都中央区の東京ビジョンセンター八重洲南口 Vision Hall で行われた

口育士資格取得セミナー
  講師:安部 秀弘 先生(イクシーファミリー歯科 院長)

に院長が参加してきました。

本セミナーは、ちょうど1月前に行われた口育セミナー参加者のみが参加できるもの。

広い会場がほぼ満席。この分野が今歯科界で注目を浴びていることが、よくわかります。
残念ながら三重県はこの分野に於いて超後進県orz
当院ではこの分野の情報提供に力を入れています。

内容は、ほとんど知っていることでしたが、幼稚園も併設しておられる講師の先生ならではの統計のお話しは、大変参考になりました。

当院では、今後小児の口腔育成にますます力を入れていきます。

会場のあるビル
H310310_1.jpg

1階フロアの電光掲示
H310310_2.jpg

当日の会場内。満席でした。
H310310_3.jpg

講師の安部先生
H310310_4_dr_abe.jpg
posted by 院長 at 17:00| 院長の研修

マイナス1歳からの予防矯正セミナー(大阪)にスタッフが参加

3月10日(日)に新大阪で行われた

マイナス1歳からの予防矯正セミナー

にスタッフ1名が参加してきました。

会場のあるビル
25361.jpg

会場
kanban.jpg

kaijou.jpg
posted by 院長 at 16:00| スタッフの研修

2019年03月07日

小児の口腔機能発達をみるために(東京)に院長とスタッフが参加

3月7日(木)に東京都文京区本郷の株式会社ジーシー GC Corporate Center 5階で行われた

小児の口腔機能発達をみるために
  講師:田村 文誉 先生(日本歯科大学 教授)

に院長とスタッフ1名が参加してきました。

近年、子どもたちのお口の機能発達の遅れが顕著となり、小児歯科界で問題視されています。
小児歯科界の関心は、むし歯から口腔機能発達の遅れに移った、と言っても過言ではありません。

本セミナーでは、口腔機能の定型発達とその問題について、そしてその支援方法について説明していただきました。

【内容】
・口腔機能発達不全症とは?
・食事を飲み込むときの舌・喉頭蓋の動きや役割
・正しい飲み込みと異常な飲み込みの違いのレントゲン動画での比較
・乳幼児期〜学童期における食事の食べ方(飲み方)、与え方について
・発達がゆっくりな子どもへの対応
・保護者への伝え方の工夫
 ・小児科との連携・母体や子どもの病気の影響
  など

会場のある、株式会社ジーシー GC Corporate Center
雨だったので、いつも撮影しているビル外観は省略
H310307_01_gc.jpg

1階エレベーター前の案内掲示
H310307_02_keiji.jpg

開始直前の会場内
H310307_03_kaijo.jpg

タイトルスライド
H310307_04_slide.jpg

講師の田村先生。穏やかな方でした。
H310307_pr_tamura.jpg
posted by 院長 at 16:00| 院長とスタッフの研修

2019年03月03日

アナトミートレイン連続講座第2回(東京)に院長が参加

3月3日(日)に東京都中央区日本橋にある、日本橋高島屋三井ビルディング30階の東海東京証券東京本部で行われた

アナトミートレイン 連続講座 第2回
 講師:山本 篤 先生(理学療法士)

に院長が参加してきました。

1月の第1回に続く本セミナーは全4回。
全身の筋肉のつながりと、その機能の連携について学ぶセミナーで、前回は深層の筋肉、今回は表層の前後ろのつながりを勉強しました。

この日は、前回と同じ道を通って会場に向かいましたが、なんと会場のビル前の大通りが交通規制で渡れず。
警備の方に反対側に行く経路を聞き、何とか会場につくことが出来ました。

この交通規制は、東京マラソン2019開催によるもので、ノーベル賞受賞者の山中教授も参加・完走されたそうです。
会場が30階だったので、そこから窓越しにランナーを見ることができました。
H310303_07_tokyo_m.jpg

会場のあるビル
H310303_01_buil.jpg

会場となった、東海東京証券
H310303_02_tokaishoken_blog.jpg

お昼休み中の会場内
H310303_04kaijou.jpg

講師の先生
H310303_03_koushi.jpg

筋肉の働き体験実習中
H310303_06_jisshu.jpg
posted by 院長 at 15:50| 院長の研修

2019年02月28日

私の未来を作る食事(名古屋)にスタッフが参加

2月28日(木)に名古屋市中区栄の名古屋市市民活動推進センター(ナディアパーク6F 集会室)で行われた

私の未来を作る食事
 〜分子整合栄養医学による体調・体質改善〜

  講師:林 佳奈 先生(管理栄養士/健康食品管理士 高橋ファミリークリニック)

にスタッフ1名が参加してきました。

本セミナーは夜間開催。
参加したスタッフは午後4時30分頃まで通常業務に従事したあと、名古屋に向かいました。
講師の林先生の在籍する医院に以前見学に行ったことがあるスタッフでしたので、会場到着後すぐにご挨拶。

講演中後方座席の参加者の私語が多く、集中力を維持するのが大変そうでしたが、何とか頑張って聴いたそうです。

講演内容は

ビタミンB群や鉄・亜鉛の不足を血液検査データから読み取る方法、若年者の血糖値が不安定になっていること、甘いものとうまく付き合う方法、サプリメントを飲むタイミングなどについてお教え戴きました。

以前から知っていることも多かったようですが、細かい部分で参考になることも多く、良い勉強になったそうです。

会場入り口
holistic01.jpg

開始20分前の会場内。最終的にはほぼ満席でした。
holistic02.jpg

セミナーのパンフレット
holistic03.jpg
posted by 院長 at 20:32| スタッフの研修

2019年02月25日

さくら歯科に福岡から外部講師をお招きし、インソールセミナーを開催

2月25日(月)は当院に外部講師をお招きしてのプライベート研修を行いました。

講師は福岡のみらいクリニックのトレーナー、石田力先生。
みらいクリニックは、「あいうべ体操」発案者、内科医の今井一彰先生の医院です。

石田先生には2年前にも当院にお越し戴き、足指を整える「ゆびのば体操」と姿勢分析を教えて戴いたので、今回が2度目のご来訪。

今回のテーマは「インソール作り」。
靴のインソールは姿勢に大きな影響を及ぼします。
姿勢はかみ合わせや舌の機能にも影響を与えるので、看過出来ません。

インソールは整形外科でも作ることはありますが、意外に問題の多い物が多いようで、今井先生が講演などでそのことに言及されます。

実は今回母のインソール作りもお願いしました。
以前にも2足分のインソールを作っていただきました(1足はみらいクリニック様に伺って、もう1足は前回当院に石田先生にお越し戴いた際に作成)。

ただ、足を骨折して整形外科にお世話になった際、インソールを改悪されて足の調子が悪化。
今回、2足とも再作成をお願いし、改悪された物と新製した物を履き比べて歩行をチェックしたところ、明らかに新製した物の方がブレの少ない良い歩行が出来るようになり、一安心。
あのまま整形で改悪されたインソールをはき続けていたらどうなっていたか・・・
想像するだけでぞっとします。

セミナーでは、私とスタッフ1名がインソール作成を学びました。
当院のスタッフは、新人以外はNewBalanceのシューズ(1万円〜2万5千円程度)のものに自家性インソールを作成して業務を行っています。
今回習ったスタッフには、まず新人スタッフのインソール作りを行ってもらう予定です。
セミナーは午前中、午後は院長の母親のインソール作成を行いましたが、その合間のお昼時は近所のとんかつ屋さんで懇親会を兼ねた昼食会を行いました。

そこでは、業務の話だけでなく、スタッフ自身が行っているスクワットなどについても質問。スクワットの仕方に問題があることを教えていただき、医院に戻ったあと正しいスクワットをお教え戴くなど、スタッフにとっておまけの収穫もありました。


石田先生と当院スタッフの一部
H310225_shugo.jpg

院内セミナー中の様子(座学講習時)
H310225_semi.jpg

母のインソールを作る石田先生
H310225_mother0.jpg

お昼にとんかつ屋さんで行われた懇親昼食会
H310225_aya.jpg

こちらは、セミナー前日夜に行われた懇親会。
足指の問題について、スタッフと講師で情報交換を行うことが出来ました
H310224_coccina_03_i&staff.jpg

石田先生、福岡から一泊しての御指導、有り難うございました。
posted by 院長 at 05:00| 院長とスタッフの研修

2019年02月24日

インソールベーシックマイスター資格取得講座(愛知)に院長が参加

2月24日(日)に愛知県尾張旭市のブレース・フィット合同会社で行われた

第57回 NASYU インソールベーシックマイスター資格取得講座
  講師:松原 葵 先生(柔道整復師)
     木 一輝 先生(N作業療法士)

に院長が参加してきました。

このセミナーは足と足指の問題の見分け方を学ぶとともに、インソールの重要性を学び、オーダーインソールの型を取る実習を行う内容です。
(本セミナーでは、自身でインソールを作るわけではありません。)

「歯医者がなぜインソール?」と思われる方がほとんどだと思いますが、実は足指と靴は姿勢に大きな影響があり、姿勢はかみ合わせに影響があることから、近年歯科界では足指保健指導を行うことが徐々に行われるようになってきました。(といっても、まだまだ少数派ですが・・・)

今回は、インソール作りよりは足の問題の診方の良い勉強になりました。

会場のブレース・フィット合同会社。倉庫のようなところでした。
H310224_nasyu_01_soto.jpg

セミナー案内掲示
H310224_nasyu_02_title.jpg

開始40分前の会場内
H310224_nasyu_03_kaijo.jpg

会場内に置いてあったインソールなど。
H310224_nasyu_04zairyo.jpg
posted by 院長 at 16:00| 院長の研修

2019年02月17日

乳幼児期の摂食・嚥下機能の発達と歯科医療(名古屋)に院長が参加

2月17日(日)に名古屋市中区丸の内の愛知県歯科医師会館 5階 508・509で行われた

乳幼児期の摂食・嚥下機能の発達と歯科医療
  講師:向井 美惠 先生(昭和大学名誉教授・朝日大学客員教授)

に院長が参加してきました。

今 歯科界でその重要性が認識されている授乳から離乳食の問題。
この分野の重鎮である向井先生をお招きしての講演会とあり、手狭な会場はほぼ満席。
聴衆も、この分野を始め各方面で講演される機会の多い歯科医師・歯科衛生士、などが集結したことからも、この分野の問題がまだまだ解明されていないことがわかります。

向井先生のお話は、論文的根拠に基づく信頼性の高いお話しであるとともに、実際に摂食嚥下の分野に携わってこられた経験も感じられる、極めて意義深い内容でした。

特に印象に残ったのは、厚生労働省の指針に記載されている月齢・年齢があくまで目安であり、それにこだわる必要がない、ということ。

会場からの質問では、この分野の指導に携わっている現場の医療従事者の苦悩が感じられました。
私自身も疑問に思っていたことを直接伺うことが出来、大変有意義な一日となりました。

会場となった愛知県歯科医師会館
H310217_1_blog.jpg

H310217_2_blog.jpg

会場内の電光掲示
H310217_3_blog.jpg

お昼休み中の会場内
H310217_4_kaijo.jpg

講師の向井先生。熱く語るそのお姿は、72歳には見えません。
H310217_5_prof_mukai.jpg
posted by 院長 at 18:00| 院長の研修

2019年02月16日

「スマート和食」マスター講座(東京)にスタッフが参加

2月16日(土)に東京都中央区日本橋の花王株式会社 茅場町事業場 会議室で行われた

「スマート和食」マスター講座
  講師:小島 美和子 先生
 (有限会社クオリティライフサービス代表取締役/管理栄養士、健康運動指導士)

にスタッフ1名が参加してきました。

会場の花王株式会社 茅場町事業場
H310216_1.jpg

開講前の会場内
H310216_2.jpg

当日の配布物
H310216_3'.jpg

お昼に出たお弁当
H310216_4.jpg
H310216_5.jpg

参加したスタッフ往路新幹線内から撮影した富士山
この時期としては、雪がかなり少ないようです
fujisan.jpg
posted by 院長 at 16:30| スタッフの研修

2019年02月10日

第一回口育セミナー(東京)に院長が参加

2月10日(日)に東京都千代田区神田の秋葉原UDX THATER にて行われた

第一回 口育セミナー
 〜 口腔機能発達不全症対応 〜


に院長が参加してきました。

【主な内容】

第1講座
 口育、乳児期からの機能管理からみる歯科

   講師:安部秀弘 先生(一般社団法人 口育協会理事長)


 むし歯を持つものは、厚生労働省の歯科疾患実態調査の結果により激減していることがわかっており、近い将来むし歯で悩む人はほとんどいなくなると予想されます。
 一方、顎の発育の悪い子どもたちは激増傾向にあり、歯並びだけでだけでなく呼吸に問題を抱える国民が増えることがほぼ確実。

 安部先生は、子どもたちの口の機能の劣化に対応するため、2015年に幼稚園を併設し、ただ単に保育をするのではなく、保育をしながら健全な口腔を育成することを始められました。
その結果、いわゆる「おくちポカン」だった子どもがしっかり口を閉じ、鼻で呼吸できるようになるケースが珍しくなくなったそうです。

 また、日本では要介護認定者が2000年の3倍に激増。
 一方、スウェーデンには要介護施設がほとんどなく、介護が必要にならないように社会復帰するシステムができあがっています。

日本でこのまま要介護者が増えると、財政的にも社会的にも破綻するのは目に見えています。

 歯科に於いて子どもや老人の口腔機能を改善することにより、強力な健康増進の主役になると考えられる、と安部先生は結論づけました。


第2講座
  乳児期からの口腔機能の発達について

  講師:田村康夫先生(朝日大学副学長・小児歯科学教授保育園を)
  第1部 吸啜の特徴と、吸啜から咀嚼への移行
  第2部 低年齢児における咀嚼機能の遅れ、口腔習癖へ対応

田村先生の講演は学会等で何度も拝聴済み。
今回も、乳幼児のお口の機能の発達について、わかりやすくご説明戴きました。


第3講座 口腔から全身への発達を考える
   講師:Dr.James Bronson 先生(アメリカ)AEI主催

第4講座 世界における新生児からの呼吸、嚥下、睡眠への取り組み
   講師:Marc Richard Moeller 先生(AAMS(応用機能学会)主催)

アメリカにおけるMFT(筋機能訓練)の現在について、口腔の機能が呼吸に極めて重要な問題をおこすことと、その恐ろしさについてわかりやすくお話し戴きました。


【総括】

近年、小児歯科分野では、口腔機能(口が閉じられず口呼吸、舌が下に落ちる低位舌、異常な飲み込み)・歯並びかみ合わせの異常・呼吸の問題が関連付けて頻繁に論議されています。

三重県は、この分野で極めて遅れており、当院では今後この分野の情報発信に努めるべく、準備を重ねています。

会場のある秋葉原UDX
H310210_1.jpg

1階エスカレータ横のセミナー案内掲示
H310210_2_keiji.jpg

開会10分前の会場内
H310210_4.jpg

講演直前の講師(午後のお二人)
H310210_5_koushi.jpg

上の両講師のタイトルスライド
H310210_6_slide1.jpg

H310210_7_slide2.jpg

この日の富士山は、半分以上雲の中でした
fuji_310210.jpg


posted by 院長 at 23:35| 院長の研修